海まで燃えた… - 映画『バーニング・オーシャン』ポスタービジュアル
 - Photo credit David Lee

写真拡大

 2010年4月に起きたメキシコ湾原油流出事故を題材にした海洋ディザスター映画『Deepwater Horizon』の邦題が『バーニング・オーシャン』に決まり、2017年4月より日本公開されることが明らかになった。主演は『テッド』のマーク・ウォールバーグで、彼とは『ローン・サバイバー』でもタッグを組んだピーター・バーグ監督がメガホン。被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出劇、そして人為的ミスの連鎖、親会社と下請け会社の確執など、大事故へとつながる小さな原因の積み重ねも緊張感たっぷりに描いている。

 メキシコ湾原油流出事故とは、2010年4月20日にメキシコ湾沖合80キロの海上にある石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で発生した事故。技術的不手際によって掘削中の海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発し、海底へ伸びる掘削パイプが折れて大量の原油がメキシコ湾へ流出、施設だけでなく海上一面が文字通り火の海と化し、甚大な被害を出した。

 当時、この事故は日本でも大きく報道されたが、それは事故後の原油流出による環境汚染、世界の大企業を巻き込んだ巨額の賠償問題が中心。爆発が起こる最中の現場作業員たちの知られざるドラマが、本作で明かされることになる。『ヘイトフル・エイト』のカート・ラッセル、『マルコヴィッチの穴』のジョン・マルコヴィッチ、ドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン」のジーナ・ロドリゲス、『メイズ・ランナー』のディラン・オブライエン、『あの頃ペニー・レインと』のケイト・ハドソンら個性豊かなキャストが脇を固めている。(編集部・市川遥)

映画『バーニング・オーシャン』は2017年4月より全国公開