第1回全党初級党委員長大会

写真拡大

北朝鮮の平壌体育館で23日、「第1回全党初級党委員長大会」が開幕した。朝鮮中央通信が24日、報じた。

同通信によると、大会では「党の路線と政策を貫徹するための闘いにおいて収められた成果、経験と欠陥、教訓を分析、総括し、チュチェ革命の新時代の要請に即して初級党組織の活動を改善、強化するうえで提起される課題と方途を討議することになる」という。

また、金正恩党委員長をはじめ、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)崔龍海(チェ・リョンヘ)、金己男(キム・ギナム)、崔泰福(チェ・テボク)、李洙墉(リ・スヨン)、金平海(キム・ピョンヘ)、李萬建(リ・マンゴン)、呉秀容(オ・スヨン)、郭範基(クァク・ポムギ)、金英哲(キム・ヨンチョル)、金秀吉(キム・スギル)、金能五(キム・ヌンオ)、朴泰成(パク・テソン)、趙然俊(チョ・ヨンジュン)の各氏と初級党委員長、中央と地方の党活動家が大会に参加した。