【実は怖い】白銀の世界に現れたのは超巨大なヘラジカ! 車に興味津々でなかなか離れてくれません

写真拡大

カナダ、アルバータ州西部にある観光保養地、カナナスキスカントリー。

こちらで雪の中、車を停めていたところにやってきたのは、大きな大きなヘラジカ! 長くのびた平たいツノ、くるくると動く好奇心旺盛そうな瞳。大きな顔と威圧感に圧倒される動画が、インスタグラムに投稿されておりました。

【それにしてもでっかいな】

ヘラジカはシカ科最大種で、超巨大生物の1種としても有名です。角があるのはオスだけのようなので、動画に映るヘラジカもオスなのでしょう。

なんと、「カナダシアター」ウェブサイトによれば、オスのヘラジカの体長は2.4mから3.1mほど、体重は380kgから700kg(!)もあるらしいのですよ。そんなもん、どーんと一撃されたら一巻の終わりでしょ……!

【どうか攻撃しないでね】

車に興味があるのか、なかなか車から離れようとしないヘラジカさん。よく見ると車の周辺をぺろぺろとなめているようですが……美味しい、のかな!? それとも安全なものなのかどうか、においをかいで確かめているとか?

いずれにせよ、これだけ至近距離だと「可愛い!」というよりも「怖い」という気持ちのほうが勝ってしまいそうです。

【もしもヘラジカが近寄ってきたら…】

ちなみにアルバータ州は、「ヘラジカは攻撃的になることもあるため、近づいてきた場合はクラクションを鳴らすようにするといい」と公式ウェブサイトで発表しています。日本に住んでいると遭遇しないとは思いますが、念のため、覚えておくといいかもよ!?

参照元:Instagram @therezamalan、カナダシアター、Alberta Government
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る