大手自動車メーカーが新車開発で凌ぎを削る中、独自路線の商品開発を実践している小さな自動車会社「光岡自動車」。

市販車をレトロタイプに改造・販売していることでお馴染みの同社ですが、その一方で小型パーソナルEVの開発も手掛けています。

1

そこで本稿では同社の新作、小型EV「EasyRamble」(イージーランブル)をご紹介したいと思います。

道路運送車両法上、サイドカーやトライクと同分類で扱われており、経済産業省による「クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」の補助対象車となっています。

コンパクトサイズながら、最大100kgまで積載可能で、運転席をまたがり式に、さらにバーハンドルにすることで「側車付二輪貨物」として国土交通省の型式認定を取得。

光岡自動車は同車の販売にあたり、観光地を中心に独自の営業を展開、レンタカーとして有馬温泉旅館街への販売に成功。

カラフルな車体は小回りが利き、細い坂道の移動にも最適。ヘルメット不要、普通自動車免許で運転できるので、季節の風を感じながら温泉街の名所巡りができます。

レンタカー仕様車については、構造変更届けにより4人乗りにアレンジされており、温泉街の観光用として活躍しています。

光岡自動車では、運搬用車として大手農機具メーカーへの販路も広げており、施設内運搬車やゴルフ場内のマーシャルカー、運送業・サービス業の配送・配達用などにも販売先を広げていく考えとか。

このように、小型パーソナルEVは地域と密接に結び付く形で、普及が進んでいくことになるのかもしれません。

Avanti Yasunori・画像:光岡自動車/有馬自動車)

【関連記事】

パナソニックが2020年までに自動運転式小型EVを製品化!
http://clicccar.com/2016/11/27/420492/

持ち運べるノートPCサイズのEV、「WALKCAR」 受注開始!
http://clicccar.com/2016/10/15/407826/

超カワイイEV「rimOnO」の開発に中部地区6社が協力!
http://clicccar.com/2016/10/02/402644/

経産省とトヨタの出身者が生み出した超「カワイイ」EV!
http://clicccar.com/2016/06/04/376046/

若手起業家が高齢化時代に役立つパーソナルEVを開発!
http://clicccar.com/2015/08/02/319873/

【関連リンク】

光岡自動車「EasyRamble」
http://www.mitsuoka-motor.com/lineup/like-t3/

有馬自動車
http://www.easy-ramble.jp/area/arima/index.html

光岡自動車が自社製の小型パーソナルEVを温泉街に導入!(http://clicccar.com/2016/12/25/429831/)