ヒラリー&トランプのモノマネで話題を呼んだ
ケイト・マッキノン&アレック・ボールドウィン Photo by Mike Pont/WireImage

写真拡大

 放送テレビジョン批評家協会(BTCA)が主催する、第22回クリティックチョイス・アワードが12月11日(現地時間)に発表。長寿コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でドナルド・トランプ次期大統領のモノマネをしたアレック・ボールドウィンがコメディシリーズ・ゲストパフォーマー賞、対するヒラリー・クリントンに扮したケイト・マッキノンがコメディシリーズ女優賞を受賞した。

 ボールドウィンとマッキノンによる大統領候補テレビ討論会のパロディは、その完成度の高さで話題を呼んだ。しかし、これを視聴したトランプ本人は、「こんな退屈で笑えない番組なんかもう見ない。アレック・ボールドウィンの演技はお粗末。メディアが大統領選を不正操作しようとしている」と、自身のTwitterで非難していた。なお、ボールドウィンとマッキノンはともに、米サンタモニカで開催された授賞式を欠席したようだ。

 なお、ドラマシリーズ賞は大ヒットファンタジー「ゲーム・オブ・スローンズ」が、コメディシリーズ賞は「シリコンバレー」が受賞。テレビ映画/リミテッドシリーズ賞に輝いた「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」は、同男優賞や女優賞などにも選ばれた。

 主なクリティックチョイス・アワード(テレビ部門)受賞結果は以下の通り。

▼ドラマシリーズ賞 「ゲーム・オブ・スローンズ」
▼ドラマシリーズ男優賞 ボブ・オデンカーク「ベター・コール・ソウル」
▼ドラマシリーズ女優賞 エバン・レイチェル・ウッド「ウエストワールド」
▼ドラマシリーズ助演男優賞 ジョン・リスゴー「ザ・クラウン」
▼ドラマシリーズ助演女優賞 タンディ・ニュートン「ウエストワールド」
▼ドラマシリーズ・ゲストパフォーマー賞 ジェフリー・ディーン・モーガン「ウォーキング・デッド」
▼コメディシリーズ 「シリコンバレー」
▼コメディシリーズ男優賞 ドナルド・グローバー「Atlanta(原題)」
▼コメディシリーズ女優賞 ケイト・マッキノン「サタデーナイト・ライブ」
▼コメディシリーズ助演男優賞 ルーイ・アンダーソン「Baskets(原題)」
▼コメディシリーズ助演女優賞 ジェーン・クラコウスキー「アンブレイカブル・キミー・シュミット」
▼コメディシリーズ・ゲストパフォーマー賞 アレック・ボールドウィン「サタデーナイト・ライブ」
▼テレビ映画/リミテッドシリーズ賞 「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
▼テレビ映画/リミテッドシリーズ男優賞 コートニー・B・バンス「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
▼テレビ映画/リミテッドシリーズ女優賞 サラ・ポールソン「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
▼テレビ映画/リミテッドシリーズ助演男優賞 スターリング・K・ブラウン「アメリカン・クライム・ストーリー O・J・シンプソン事件」
▼テレビ映画/リミテッドシリーズ助演女優賞 レジーナ・キング「アメリカン・クライム」
▼アニメシリーズ賞 「ボージャック・ホースマン」