24日、男性ミュージシャンのクラウド・ルーが中国で開催予定だったライブイベントが突然中止となり、再び「封殺」されたのではないかと報じられている。写真はクラウド・ルー。

写真拡大

2016年12月24日、男性ミュージシャンのクラウド・ルー(盧廣仲)が中国で開催予定だったライブイベントが突然中止となり、再び「封殺」されたのではないかと報じられている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

来月6日に山東省済南市でライブイベントを開催予定だったクラウド・ルーだが、主催側が23日、急に中止を発表した。クラウド・ルーは昨年8月に日本でサマーソニックにも出演した人気ミュージシャンだが、同年11月、「台独(台湾独立)支持派」と指摘されたのがきっかけで、中国の2カ所で開催予定だったライブの中止が明らかに。それから1年が過ぎ、すでに封殺は解けたと思われていた矢先の、衝撃的な出来事となっている。

クラウド・ルーの所属事務所は24日、「最近は俳優としての仕事量が増えており、体力的に負担が大きい。ベストなパフォーマンスを見せられるよう、日程を調整することにした」と発表し、中国での封殺を伝える報道内容について否定している。(翻訳・編集/Mathilda)