忘年会翌日の肌状態、若い世代ほど「ボロボロ」という回答が多い(マンダムの発表資料から)

写真拡大

化粧品メーカーのマンダム(本社・大阪市)は「年末年始に関する調査」を実施し、2016年12月22日に結果を発表した。それによると、30歳前後の「アラサー」女性の約半数が、「忘年会の翌日は肌の状態がボロボロになる」と答えた。

調査は12月中に、25〜49歳の女性555人を対象にインターネット上で行った。

20代後半は55.6%、30代前半は48.6%

「忘年会の翌日は肌がボロボロになるか」に対しては39.5%が「なる」と答えた。5歳ごとの年齢層別で見ると若い世代ほどその割合が高く、25〜29歳は55.6%、30〜34歳は48.6%、35〜39歳は36.6%、40〜44歳は31.8%、45〜49歳は25.0%だった。

「肌荒れを感じた時にどうするか」には、「入念なスキンケアをする」が58.7%で最も多く、「化粧品をかえる」が43.4%、「お風呂にゆっくり入る」が39.5%と続いた。