中国新聞社提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 25日 中央社)中国大陸の空母「遼寧」が西太平洋で訓練を行うため、東シナ海を東進した。国防部の陳中吉・報道官は25日、「国軍は全行程を厳密に監視し、中国共産党軍の動向を把握している」と語った。

中国大陸の海軍関係者は24日、遼寧が西太平洋で訓練を行うと発表。日本の防衛省は25日、24日に遼寧を含む中国大陸の軍艦8隻が東シナ海中部を東進しているのを確認したことを明らかにしている。

陳報道官は、状況によってはそれに見合った対応をとる方針を示した。関係筋は、必要に応じて航空機や艦艇による警戒を行うと話している。

(編集:齊藤啓介)