二階は軍団にとって楽園みたい #逗子猫日記

写真拡大 (全6枚)

逗子の家は冬の椿も咲いてきて、ストーブをつける毎日。猫たちは相変わらず陽当たりのいい二階で寝ている。
珍しく3ショット。二階は軍団にとっては楽園みたい。午後になると居間のある一階に降りてきて、膝の上に飛び乗ってくる、みく姉。みくは小柄とはいえ、長時間だとさすがに足が痺れてくる。
きいママは少し気を使ってか、隣に寄り添ってくる。8kg級なので隣で良し。
そんな軍団を横目に実家の金沢から送られてきた香箱カニ(ズワイガニのメス)を熱燗で食す。冬は冬で最高。
逗子猫日記 #53 みく

もっと「逗子猫日記」を読みたい>>
有高さんちの猫たちのプロフィール>>