オイルはスキンケアでいつ使う?化粧水の前後どちらでもOKで使い道たくさん

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 突然ですが、美容オイルはお好きですか? スキンケアでお使いになっていらっしゃいますか?

 エステサロンの先生に話をお聞きすると、オイルの愛用者が少なくありません。そして面白いのが、先生によって使い方が違うところです。

 私はこれまで、オイルはスキンケアでは美容液(エッセンス)の代わりに使うものと思っていました。お肌に栄養を与えるのが、メインの目的ですね。

 オイルはそれだけではなく、スキンケアの仕上げにもなります。乳液・クリームの代わりに、油分で「ふた」をしてあげるのです。冬場などには、乳液やクリームにオイルを加えてあげるのも良いです。

 そしてオイルはスキンケアの最初、化粧水の前に付けて使うこともできます。「ブースターオイル」ですね。オイルにはお肌をやわらかくする作用があり、スキンケアの最初に使うことで、その後の化粧水などの浸透が良くなるのです。エステサロンの先生には、オイルをブースター(導入液)として、お使いになっている方も多かったです。

 オイルは他にも、クレンジングでも使うことができます。本当に色々な使い方ができますね。

 オイルは、ホホバオイルやアルガンオイルなどたくさんの種類があり、自分に合ったオイルを選ぶのも楽しいです。そして、自分に合った使い方ができるので、一本持っていると便利ですよ。

キレイの先生 http://kireinosensei.com/