「グッド・ワイフ」のエルズベス・タシオニ弁護士(キャリー・プレストン)
 - Jeff Neumann / CBS via Getty Images

写真拡大

 来年アメリカでスタート予定のテレビドラマ「グッド・ワイフ」のスピンオフ「ザ・グッド・ファイト(原題) / The Good Fight」に、おなじみの弁護士が再登場するという。Deadlineによると、キャリー・プレストンが複数エピソードに出演する契約を結んだとのこと。彼女が演じたのは、お茶目で一見、話が通じていなさそうなのにキレ者のエルズベス・タシオニ弁護士。キャリーは同役でエミー賞を受賞している。

 「グッド・ワイフ」のクリエイターたちは、最終シーズンにキャリーが大きく関わるストーリーを考えていたらしいが、当時の彼女は「クラウデッド(原題) / Crowded」に出演していたため、1エピソードの出演しかかなわなかったのだという。その後、「クラウデッド(原題)」はキャンセルされてしまっている。

 「ザ・グッド・ファイト(原題)」は来年2月に米CBS局で第1エピソードを放送後、同局の動画サービス CBS All Access のオリジナルドラマとして配信される。第1シーズンは10エピソードが製作される予定。(澤田理沙)