ベテラン警察官「これほど酷い現場は初めてだ…」

写真拡大

アメリカは銃社会ということもあり、多くの人々が犠牲になる残念な事件がたびたび起こります。そんな凶悪な犯罪に立ち向かう日々を送っているであろう一人の警察官が先日、米ソーシャルサイト・redditにある写真を投稿しました。

タイトルは「16 years as a Cop, just when I thought that I've seen every crime scene imaginable. What monsters」(16年間警察官として働いてきて、いろんな犯行現場に立ち会ったけど、これほど酷い現場は初めてだ。なんという鬼畜だろう!)。

まさか、目を背けてしまうような残酷なシーンの写真なのか……と、恐ろしい気持ちになりますが、そこに写っているのはゴミ箱に大量に捨てられた大量のドーナツ……。確かにまだ食べられそうで、もったいない気がしますが、でもなぜこれが“酷い現場”?

実はこれ、「アメリカの警察官はドーナツが大好き」というステレオタイプを、自虐ギャグにしている投稿。確かに警察官は、いつもドーナツ屋さんでコーヒー片手にドーナツを頬張っているイメージがあります。

ジョークとわかった上で、コメント欄には「酷い現場だ。君の署では、カウンセリングは受けられるか?」「ドーナツに対する犯罪は、警察官に対する犯罪と一緒だ!」「ブラザー、気をしっかりな!」といった投稿者に対する同情の声が数多く寄せられています。