「トッケビ」コン・ユ、寝ぼけてキム・ゴウンに告白

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
コン・ユが寝ぼけてキム・ゴウンに告白した。

韓国で24日に放送されたtvN「トッケビ」第8話で鬼(コン・ユ) は、薬を飲んで床に倒れて眠りについた。そんな彼のそばにチ・ウンタク(キム・ゴウン) が居てあげた。チ・ウンタクは鬼の周りにロウソクに火をつけて隣に横になった。

少し目覚めた鬼は「大丈夫って言ったくせに違うの?」という質問に、「嘘だった。どこが痛いのか知ってる?初恋ってすごく痛いものだな」と答えた。

彼の初恋が自分であることを知らないチ・ウンタクは、「本当にかわいい方だったみたいですね?」とヤキモチを焼いた。鬼は「すごくすごく、毎日毎日かわいい」と答えた。

チ・ウンタクは「具合悪いですね。危篤です、今。ぐっすり眠って。速く口が歪んじゃうように」とすねた。鬼は「行かないで。よく見ればあるよ。かわいいところ」と本音を打ち明けてから、再び眠りについた。