パク・ソジュン、飾らなくても魅力的な男…雰囲気たっぷりなモノクログラビア公開

写真拡大 (全2枚)

“オルマク(顔ランキング最下位)”のキャラクターで笑いを誘ったパク・ソジュンが、ファッショングラビアを通じて冬の男の雰囲気を演出した。

韓国で最近スタートしたKBS 2TV月火ドラマ「花郎(ファラン)」(脚本:パク・ウニョン、演出:ユン・ソンシク)でムミョン役を演じ、アクションや深まった感情表現で高い演技力を披露しているパク・ソジュンが、ファッションマガジン「Harper's BAZAAR」1月号のグラビアで、ドラマの役とは異なる温かくて柔らかい男性美をアピールし、注目を浴びた。

公開されたグラビアでパク・ソジュンは、モノクロ写真の雰囲気を活かした深い眼差しで俳優のオーラを誇った。シンプルですっきりとしたパンツに暖かそうなタートルネックニットを合わせ、パク・ソジュンならではの暖かくて柔らかい魅力をアピールしたかと思えば、オーバーサイズのコートと短髪で男らしい魅力を強調し、注目を浴びた。

特に今回のファッショングラビアでは、29歳の若者パク・ソジュンの率直で人間的な魅力を盛り込んだ。続いて行われたインタビューでは、俳優としての情熱と演技に対する真剣な考えを率直に打ち明け、飾らなくても魅力的なパク・ソジュン本来の姿を見せて彼の30代をさらに期待させた。

グラビア撮影の関係者は「パク・ソジュンは高い身長と引き締まったボディラインでどんな衣装でも完璧に着こなし、最高のイメージを完成させた。現場のスタッフたちから拍手を受けた」と撮影当時の雰囲気を伝え、「コンセプトに相応しい多様な意見を出すなど、撮影の完成度を高めようとするプロの一面に感心した」と褒めたたえた。パク・ソジュンの率直なグラビアとインタビューはファッションマガジン「Harper's BAZAAR」1月号を通じて確認することができる。

KBS 2TV月火ドラマ「花郎」を通じて初めて時代劇に挑戦したパク・ソジュンは、スリル満点のアクションから甘いロマンス、図々しくてコミカルな演技、そして男性俳優たちとの豪華共演まで、幅広い演技を披露し、視聴率上昇に貢献している。