■C-HRは、目を見張るアバンギャルドなスタイルで登場

世界的にコンパクトSUVが人気を博している中、ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3に続き、トヨタから新型C-HRが発売されました。

これまでもショーモデルで個性的なデザインを見てきましたが、市販モデルでもほとんどそのままで登場してきたのだから凄い!

フロントの押しの強いキーンルックもさることながら、ボディサイドのうねるようなプレスラインやリアの超立体造形は圧巻。SUVらしい大口径タイヤとあいまって、「アバンギャルド」という表現が最も似合うデザインに仕上がっています。

1

ちなみにちょうど通りかかったディーラーで、新型C-HRがプリウスやシエンタと仲良く停まっているのを見かけました。この個性派の3台が揃うと、今にも変身合体でもしそうな勢いを感じましたヨ。その中でも新型C-HRは、目を見張るような抑揚を持つシルエットを実現していると思います。

■TNGAボディにFFのハイブリッドと4WDのダウンサイジングターボで武装

新型C-HRでは、プリウスでお目見えしたトヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」を採用しています。TNGAは、乗り心地や走りをレベルアップしながら多様なジャンルに対応できるのが自慢で、新型C-HRでは更に走りの性能を磨き込んできました。

パワーユニットはFFと4WDの2種類を用意。FFでは、プリウスと同じ1.8Lのハイブリッドを搭載。カタログ燃費で30.2km/lを達成し、都会派SUVとして申し分ないエコ性能を備えています。また4WDでは、オーリスが搭載する直4の1.2Lダウンサイジングターボを採用。アウトドアで頼れる性能を確保するとともに、CVTを組み合わせてイージードライブと燃費15.4km/lを両立しました。

■都会派のFFとアウトドア派の4WDは、近い価格設定

新型C-HRの価格帯は、FFのハイブリッドが約264.6〜290.5万円。4WDのダウンサイジングターボが約251.6〜277.6万円で、価格帯は近い設定となっています。カーライフが都会派かアウトドア派で、パワーユニットを選択できるところが嬉しいですネ。

新型C-HRのグレードは、FFも4WDも標準と上級の2構成。標準グレードのS(S-T)でも、必要にして充分な装備を備えています。オススメは上級グレードのG(G-T)で、大口径18インチアルミや豪華な内装等の価格差以上の装備が付く上、オプションも豊富に選べる設定となっています。

(星崎 俊浩)

【関連リンク】

■第545弾新型C-HRのすべて (より深く知りたい方はこちらがオススメ)

アバンギャルドなC-HRを選ぶなら、都会派のFFハイブリッド?それともアウトドア派の4WDターボ?(http://clicccar.com/2016/12/25/429883/)