群馬が大宮から期限付き移籍中のGK清水慶記、DF高瀬優孝の期限付き移籍期間延長を発表

写真拡大

▽ザスパクサツ群馬は25日、GK清水慶記(31)、DF高瀬優孝(25)の期限付き移籍期間延長を発表した。期限付き移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日までとなる。

▽清水は流通経済大学から2008年に大宮へ加入。今シーズンから期限付き移籍で群馬に加入し、明治安田生命J2リーグで42試合に出場していた。

▽高瀬は中央大学から2014年に大宮へ加入。今シーズンから群馬に期限付き移籍し、J2で33試合出場1得点を記録。しかし、10月に左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負い全治8カ月と診断されていた。