ファッション誌「allure」でリップを紹介したジェシカ・アルバ instagramより

写真拡大

セレブが使っている雑貨やコスメといえば、すべて欧米のブランドが多いと思われがちだが、実はアジアの製品は旅行客だけでなくセレブからも愛用されている。今回はセレブお気に入りのアジアのアイテムを紹介!

<strong>1. ロート製薬:ナノアイ</strong>
ヴィクトリア・ベッカムが常にバッグに持ち歩いていると公表した日本の目薬。目を明るくキラキラ輝かせてくれる効果があるので、ヴィクトリアも大好き。「ブリティッシュ・ヴォーグ」のインタビューで、「この目薬は目を明るく見せてくれる。どこに行くにも手放せない」と語っている。

<strong>2. 参天製薬:サンテFX Vプラス</strong>
続いてもまた日本の目薬で、VICTORIA’S SECRET[ヴィクトリアズ・シークレット]のモデルのリリー・オルドリッジのお気に入り。日本で購入し、使った後の燃えるような爽快感がたまらないとYouTubeで紹介している。

<strong>3.Innisfree[イニスフリー]:ティントリップ</strong>
韓国で人気のコスメブランド「Innisfree」のリップティントを愛用しているのはジェシカ・アルバ。彼女が持っているエコフラワーティントは5色展開。そのうちジェシカは4色持っていて、その上に透明のグロスを塗るのがお気に入りと美容雑誌「allure」のインタビューで語っている。

<strong>4. KohGenDo[江原道]</strong>
日本発のコスメブランド江原道。ファッション業界で活躍するメイクアップ・アーティストたちも絶賛していて、彼らから勧められて使用するセレブも多い。特にモデルのジジ・ハディッドはアクアファンデーションを使用。彼女の肌に合し、保湿効果もあるのでメイク崩れもしないと雑誌やYouTubeで紹介している。

メディアの影響で日本で育つ私たちも海外の製品に注目しがちだが、アジアで生まれた化粧品は海外でも人気がある。江原道のように多くのプロフェッショナルから愛されるブランドが揃えば、アジアで生まれたブランドもさらに注目されるだろう。