積極的すぎても消極的すぎても良くないとされるセックス中の女性の態度。そうはいうものの、「あまりにも積極的すぎて引かれた…」「彼女がすごい上手だと、自分の行為に自信が持てなくなる…」などの声があるように、女性におしとやかさを求める男性は未だに一定数存在するようです。しかし、おしとやかさには奥手さには男子を喜ばせるものと、萎えさせるものの2種類あるとのこと。
今回、そんな難しい男心を取材してきました! 男子が喜ぶ奥手さと、萎える奥手さを学んで、彼を上手に立てれる賢い彼女を目指しましょう♡



男子が萎える奥手さ1.無反応


まず男子が一番に挙げた萎える奥手さが“無反応“でした。「こっちは必死に頑張ってるのに、無反応だとさすがにむなしい…」(27歳 男性 金融関係)「反応があるだけで、安心する。なにもないと、そんなに良くないのかな?って不安になる」(32歳 男性 IT会社)などのように、男子は意外にも相手の反応をよく見ているよう。彼の頑張りを受け止め、どんなやり方でも反応をしてあげたほうが良さそうです。

うれしいのは"頑張ろうという気持ちが見えている"とき


セックス中、頑張る気持ちが見えない態度をとっているのは男性ウケが悪いようですがその反対に、「頑張ろうという気持ちが見える」ことは男性的にはとてもうれしいポイントなのだそう。
ただベッドの上で寝ているだけでなく、自分からなにかしたいと思っていれば、その気持ちは彼にも伝わるもの。最初は行動に移せなくても良いので、“相手になにかしてあげたい“という前向きな姿勢は忘れないようにしましょう。

男子が萎える奥手さ2.行為中ずっと嫌がる


「最初にちょっと嫌がられるのは逆に興奮するけど、ずっと拒まれていると、本気で落ち込む」(28歳 男性 建築設計)「女子って“嫌“って言いながら”イエス“のときもあるから、正直理解不能」(30歳 男性 経営コンサルタント)
女子がやりがちな、「良いのに嫌がる」という行為。彼とのセックスなら嫌ではないはずなのに、なぜか「ちょっと〜だめ〜」などと言ってしまった記憶はありませんか?それは信頼関係の築けた彼に対する甘えの一種だと思いますが、それを行為中ずっと続けるのはNG。積極的になることに対しての恥じらいは捨てましょう!

喜ばせたければ"最初"だけは恥じらうように


ベッドへ誘った時に、恥ずかしそうにする女性の態度にきゅんとくる男性は多いようです。あっけらかんとした態度よりも、少しうぶな態度が男心をくすぐるのでしょう。しかし、この恥じらいが高じて、「無反応」になったり、「行為中にずっと嫌がる」ことのないように気をつけて、ちょうど良い恥じらいを醸し出しましょう。

男子が萎える奥手さ3.頑張ろうという気持ちが見えない


セックスとは、与えながら与えられる行為。お互いの相手を思う気持ちがかなり大切です。「ベッドの上で寝てるだけで、自分から全く動こうとしないのは嫌かも。」(25歳 男性 美容師)「テクニックの上手い下手よりも、自分から少しでもなにかしてくれようとする気持ちが、一番嬉しい」(28歳 男性 製薬会社)なにをどうしたらいいか分からなくても、相手になにかしてあげたい、という気持ちを見せることが大切です。そんなあなたの様子が、彼にとっての一番の萌えポイントなのだとか!

男子が萎える奥手さは「相手に対する配慮の欠乏」が原因のよう。では、男子が喜ぶちょうど良い奥手さとはどのようなものなのでしょうか? 次は、その奥手さを分析していきます!

「どうすればいい?」と聞いてあげて


「どうすればいい?」という言葉は、男子の気持ちを高めるマジックワード。教えたいという欲は少なからず、どんな男性にもある欲望です。ですから、その欲を刺激するべく教えを乞いましょう。また、「どうすれば良いかわからないけど、なにかしたい!」という前向きな姿勢が見えるので、それも嬉しいポイントなのだとか。

私たち女性が思っているより、男性はセックスに対して自信のない人が多いようです。ですから、女性があまりにも無反応だったり、拒むそぶりをしたりしては、さらに自信をなくしてしまうはず。ほどよい奥手さや、うぶ感をだして男性の気持ちを高めることができる女性が賢い女性なのかもしれませんね♡是非、日々の中でも相手を立てるおしとやかさを意識してみてはいかがでしょうか?
(Mone)