出世間近?将来有望な「超多忙男子」を落とすコツ6選

写真拡大

大手広告代理店やコンサル、IT企業などに勤務する、結婚相手にぴったりな有望株男子たち。

彼らは朝から夜中、はては朝方まで連日、超が付くほど忙しい働き方をしています。

実際に忙しく働く男子をゲットした女子たちから、彼らを落とすコツについて教えてもらいました。

超多忙男子を落とすコツ

まるで社畜のように働く、超多忙男子。

忙しそうだからといって、声をかけるのを遠慮していてはダメ!

超多忙男子をゲットした女子に彼らを落とすコツを聞いてみました。

●その1:マッサージテクを上げる

「ハードワークな男子ですから、肩も腰も脚もびっくりするくらいにパンパン。デートで飲みに行った後、ふたりでカラオケに行って、マッサージをしてあげたところ、それがキュンときたみたいです。マッサージテクは必須の女子力かと」(28歳/IT)

●その2:ライトに誘う

「忙しい男子って平日も土日も関係なく働いています。それが普通だから女子を誘うことすらしなくなっています。そんな男子を女子からサクッと『金曜日飲みに行こうよ?』みたいに誘うのはあり。そこで断られても気にしないこと。3回誘って1回行けたらOKくらいの感覚で」(29歳/営業)

●その3:付かず離れずを意識する

「基本的に仕事命の男だから、恋愛にどっぷり浸かる暇はありません。ベタベタしすぎる恋愛依存症の女はそもそも相手にされません。女子としては寂しいかも知れませんが、付かず離れず感を意識して臨んで下さい。1度デートしたからといって、調子に乗って態度を変えるのもダメ。適度な距離感を持ってクールに接して」(31歳/メーカー)

●その4:料理の腕を上げる

「彼らは普段コンビニ弁当しか食べていないみたいです。手料理を振る舞える機会があれば、絶好のチャンスですよ。『家庭料理いいね』とか『おふくろの味っぽいわ』などの言葉を引き出せたら、勝ったも同然だと思っていい。やさしい味に飢えているので胃袋も心も掴めます」(30歳/金融)

●その5:誘いを100%断らない

「誘われて断るのは御法度です。忙しいなか時間を作ってくれているわけです。そこで断れば『ご縁がなかったのね』と思われて終わっちゃいます。急に誘われたとしても時間を作ってでも行くこと。付き合う前までは1回ごとのデートがキモとなります」(27歳/編集)

超多忙男子を戦略的に籠絡せよ

超多忙男子は、将来有望株の可能性大。

そんな彼らが時折見せる、ちょっとしたチャンスを逃してはもったいない!

むしろ彼らを上手く転がして、戦略的に落としてみて下さいね。

Written by 池田園子