24日、韓国・ソウルで、クリスマスイブにもかかわらず、朴槿恵大統領の即時辞任を求める大規模な集会が行われた。

写真拡大

2016年12月24日、中国新聞網によると、韓国・ソウルで、クリスマスイブにもかかわらず、朴槿恵(パク・クネ)大統領の即時辞任を求める大規模な集会が行われた。ソウルでの大規模集会は9週連続。

中国中央テレビの英語ニュースチャネルの中国版ツイッター公式アカウントは「クリスマスイブだけに、サンタの格好をしてデモに参加している人も多い」と伝えた。一方で、朴大統領を支持する団体が「弾劾は無効だ」と訴える集会を開いており、双方が衝突しないように警察当局が警戒していたという。

デモの主催団体によると、デモは24日午後5時から開始。1時間後には、光化門広場から大統領府、憲法裁判所、首相官邸へ行進し、大統領の即時辞任と憲法裁判所が弾劾案について早期に判断を下すよう求めた。主催団体によると、今回のデモには65万人が参加したという。(翻訳・編集/岡田)