出典:shutterstock

都心でも雪が降り、今年もゲレンデシーズンがやってきました。皆さんスノボやスキーの予定は立てましたか?

恋はいつだって雪山で繰り広げられるもの。これほど男女が急接近する舞台はありません。

そこで今回は、ウィンタースポーツ初心者だって関係なし! むしろ初心者の方が有利!

「いい男をゲットしたいなら今すぐゲレンデに行くべき理由」をお届けします。

 

■1:運動神経がいいモテ男が多い

ゲレンデには、派手なウェアに身を包み、アクロバティックに板を乗り回すお兄さんがわんさかいます。ウィンタースポーツができる男性は総じて運動神経がいい確率が高いので、後々彼氏の運動音痴にガッカリすることもありません。

小学生から運動神経がいい男子はモテてきたように、ゲレンデは性格も明るいモテ男の宝庫。健康的な体育会男子に出会いたい人には、おすすめスポットです。

 

■2:ちゃっかり指導してもらえる

ウィンタースポーツ初心者にとって、雪山は未知の世界。滑ることはおろか、立つことだってままならないものです。

そんなときは、雪山でナンパされましょう。男性は「教えてあげる」を口実に、あなたは「教えてもらう」を口実にその日一日ペアになってしまうのです。

男性も優しく手取り足取り教えてくれるはずなので、嫌じゃなければ思い切り密着プレイをしてみましょう。その日が終わるころにはカップル成立かもしれません。

 

■3:路上ナンパよりロマンチック

やはり雪山での出会いは、どんな場所で出会うよりもロマンチック。

軽〜いナンパで始まろうと、友達に紹介する際にも「ゲレンデで出会った」と言えば、この先「素敵〜」と羨望のまなざしで見られ続けることでしょう。

「おんぶして〜」「手つないで〜」などの普段できないような積極的な行動だって、バンバンしてOK。ゲレンデは、どんなお痛も優しく包み込んでくれるのです。

 

■4:ゲレンデマジックにかかることができる

ゲレンデは本気の出会いを求めていない人にもおすすめ。

女性が浴衣を着て花火をすると7割増しに見えるように、雪山でスノボウェアを着た男はそりゃもうかっこよく見えてしまうのです。

ゴーグルを撮るとちょっとイマイチでも、そこは見て見ぬふり。その日一日を幸せに過ごすことだけを念頭において、自らゲレンデマジックにかかりましょう。(くれぐれもウェアを脱いでからの再会はガッカリするのでやめること)

 

冬は寒いだけと思っている方は、是非ともゲレンデに足を運び、新しい世界を開拓してみてください。この冬は、ゲレンデが溶けるほど恋しちゃいましょう!

【画像】

※ Hrecheniuk Oleksii/shutterstock

【関連記事】

※ 男のM心に火をつける。モテ女の必殺テクニック3つ

※ いよいよ結婚。男が「プロポーズ」を決意するきっかけ3選

※ 二人のキョリを縮める。男性が「イチャイチャしたい!」と思う瞬間4つ

※ いつもと違う匂いがする…「彼氏が浮気しているかも」と感じる瞬間4つ

※ 隣、行ってもいい…?忘年会で確実に恋させる「魔性の女」LINE