テレビアニメ「爆転シュート ベイブレード」シリーズ(テレビ東京系)の放送15周年を記念した、「爆転シュート ベイブレードバー」が期間限定でオープンする。この企画にファンから、「ベイブレード第1世代のファンも、お酒を飲める年になったのか」と反響の声が上がっている。

出典画像:「株式会社タカラトミー」公式ホームページ

 

ベイブレードって?

「ベイブレード」とは、タカラトミーから発売されているパーツの組み換えで改造が可能な、バトルに特化したベーゴマ。現在は第3世代の“ベイブレードバーストシリーズ”が販売されていて、第1・第2世代の性能を圧倒的に凌駕するモデルになっているとのこと。

 

“大人向け”の「爆転シュート ベイブレードバー」

アニメ放送は2001年から開始され、今年で15周年。当時小学生だったファンも、いまでは立派な大人になっている。そんな“昔は子供だった”大人に向けた、「爆転シュート ベイブレードバー」が2017年1月7日から29日までの間、池袋パルコ6階のカフェ・アドレス内にオープンする。お酒を片手に、ベイブレードで遊ぶことができる「ベイブレードバー」に、当時のファンは「大人が本気でベイブレードで対戦できる聖地じゃないか!!」「初期からのファンからしたら、夢の世界だなww」と、オープンを待ちわびる声が上がっている。

 

店内にはフリー対戦が可能なスタジアムを常設し、“ベイブレードバーストシリーズ”同士の対戦が可能。べイブレードの貸し出しも行う予定で、新たにベイブレードを購入する必要もない。また初期のファンにはたまらない、懐かしの初代ベイブレード100個も展示されるそうだ。

 

イベントや特典が盛り沢山!

オープン期間中の毎週土日には、タカラトミーのスタッフと対戦ができるゲリライベントの開催も予定。店内でフード・ドリンクを注文することが参加条件なので、誰でも参加できる。これにはファンも興味津々で、「タカラのスタッフと対戦できるって、やるしかないっしょwww」「なに、この神イベントwww」と大興奮の様子。

 

また、ベイブレードコラボメニューを注文すると、スクラッチくじを1枚もらえ、大当たりなら“ドライガースラッシュレイヤー クリアVer.”、当たりなら“15周年記念クリアファイル”がゲットできる。メニューのドリンク名も凝っていて、初代ベイブレードシリーズで“四聖獣”と呼ばれた「ドラグーン」「ドランザー」「ドライガー」「ドラシエル」といった、人気ベイブレードの名前が使われているのも、ファンを熱くさせている。