カネカ社長 角倉 護

写真拡大

■優れた技術だけで市場は拡大しない

2006年5月、初めての東京勤務となった。46歳。大阪市で生まれ、大学は博士号の取得まで京都で過ごし、入社して配属されたのは兵庫県・高砂の合成樹脂研究所。以来、ベルギー勤務をはさんで、ずっと高砂の機能性樹脂部門で、樹脂の強化剤や改質剤などの開発、量産化に携わってきた。

だが、ある日、突然、上司だった菅原公一・現会長に言われる。「きみは、もう高砂での仕事はいい。東京へいって、事業部の戦略スタッフを経験しなさい」。研究技術グループリーダーの肩書は残したまま、機能性樹脂の戦略立案を担う「技術統括担当」(東京駐在)となる内示だった。

菅原さんは、建材や自動車向けアクリル樹脂の強化剤で米国企業に売り込みに回ったとき、テキサス州の子会社の社長をしていて、第一の連携相手だった。エポキシ樹脂の改質剤に参入したときにも、航空機の炭素繊維の複合材の接着剤向けに、一緒に売って歩いた。強い縁があり、しかも新たな事業戦略を考えてほしいと言われたら、即座に「わかりました」という以外にない。

会社は、2年前に社名を「カネカ」に変えていた。いまでは、その3文字を使った「カガクで、ネガイを、カナエル会社」というCMがよく知られているが、当時は「21世紀のエクセレントカンパニーになる」とのうたい文句で、社員から募集して付けた名だ。その過程には参加していないが、「いまがどういう時代で、何をすればエクセレントカンパニーとなるのか?」と新しい企業像を追求する気持ちは、人一倍、強かった。

各事業部の中枢が集まる東京に着任すると、所属する事業部以外にも目を向け、新しい可能性を持つ分野を探した。高砂で、空から鳥が地上を見渡すように工場や研究所を見渡して、新技術の芽を探していた身が、全社を見渡す位置に上がっていく。

ほどなく、液状樹脂と機能性樹脂の事業部を統合した。前者にはエポキシ樹脂分野のほか、建築物の継ぎ目や隙間を埋めるシーリング材にもいい技術があるのを、みつけた。日本では住宅でもビルでも、工場でつくったコンクリートパネルを運んできて、建築現場で貼り合わせるが、どうしても隙間ができるので、シーリング材が要る。同様の市場が、建設ブームを迎えた中国にできる、とみた。

予想通り、中国でも建材の規格化が進み、工場でつくったパネルを、建築現場で貼り合わせる例が増えていく。ただ、ほとんどの人が、コンクリートにはこのシーリング材、ガラスにはこのシーリング材がいいという適材適所の使い方は、知らない。一方、液状樹脂事業部の面々は国内派ぞろいで、海外を敬遠した。だが、機能性樹脂事業部では、以前から、中国で包装用プラスチックに強化剤を供給していた。当然、中国語が話せる人間がいるし、土地勘もある。2つの事業部が合体すると、市場の開拓が、一気に進んだ。

もちろん、技術の優位性だけで市場は拡大しない。やはり「営業では商売以前に、信頼関係が大事だ」との信念は、ここでも同じ。中国に足を運び、相手のトップに出てきてもらうためには、こちらのトップにもいってもらわなければ、信頼関係は深まらない。東京へ赴任した2年後に社長になっていた菅原さんも、頼むと、よくいってくれた。そういう仕掛けも、営業には必要だ。

事業部統合の相乗効果や「鳥の目」でみつけた新機軸は、手応えが十分。48歳で事業部長になってからも、時代の変化とニーズを把握し、何をすべきか、何ができるかを、考え抜く。次々に製品や事業が登場し、育っていくものもあれば、花が開かなかったものも出る。それは、気にしない。

■独自分野を追求し「連邦国型」を貫く

カネカは、源流に、発酵や培養の技術も持つ。だから、パンの酵母も手がけている。サプリメントを扱う企業に供給する「還元型コエンザイムQ10」も、イースト菌の培養技術から生まれた。人間の細胞中のミトコンドリアが活動するエネルギーとして、疲労感の軽減に摂取されている。いまは、販売子会社でも売っている。

こうした分野には、縁は薄い。でも、社内にある技術をつなぎ、新分野に出ていかせる事例をいくつもみせることで、研究開発陣にも事業意欲が浸透する。

初の東京勤務になったころ、メディアや経済界で、事業の「選択と集中」が褒めちぎられていた。カネカの道はその逆に映り、「いろいろやり過ぎて、力が分散している」と言われた時期もある。でも、大きな山がそびえるのではなく、小高い頂がいくつも連なるのも別の趣があるように、突出した巨大事業が引っ張る「帝国型」ではなく、売上高が1千億円規模のものが並んだ「連邦国型」があってもいい。無論、それぞれの分野で「オンリーワン」か「ナンバーワン」でなければ、面白くない。

前任社長の菅原さんが2009年に策定した長期経営ビジョン「カネカ・ユナイテッド宣言」は、その考えを明確に打ち出した。14年6月に後を継いだ後も、路線は変えない。宣言は、20年度の売上高を1兆円にすることも掲げた。いま、7千億円規模。大きく分けて9つの事業分野があり、1千億円規模が増えてきた。さらに各分野の成長を図り、海外でのライフサイエンス分野などのM&Aも加えて、実現する構想だ。

「識時務者在乎俊傑」( 時務を識る者は俊傑に在り)――いまがどういう時代で、何をなすべきかを見抜くことができるのが、優れた人物だとの意味で、中国の『三国志』に出てくる言葉だ。他社を追随せず、「時代の変化とニーズ」に応じて、あくまで独自に「何ができるか、何をするべきか」を追う角倉流は、この教えに通じる。

連邦国型を貫くには、常に研究開発体制を見直し、打って出る分野を強化していくことが欠かせない。2011年から翌年にかけてその体制を整え、司令塔となる本社のR&D企画部長に、自ら就いた。いま、高砂の主力工場と米テキサス州、そしてかつて勤務したベルギーのブリュッセルが、研究開発の3大拠点だ。

角倉流の基盤は、製品の用途と地域を組み合わせた事業ポートフォリオだ。そして、やはり40代と同じように常に留意しているのが、「鳥の目」だ。だから、社長になって最初に、全社員に発信した。要約すれば、こうだ。

「他社に先駆けて構想を構築し、取り組んできたポートフォリオの変革。でも、思った以上に事業環境の変化は速く、他社に追いつかれてしまいそうだと、皆さんは苛立ちを隠せない。でも、こんなときこそ、客観的に自らの仕事を振り返り、鳥の目で回りを見渡すことが大切だ」

そして、事業部の枠を超えて、他の事業部も見渡そうと、呼びかけた。だが、どうしても部門間の壁が残り、縦割りになりがちだ。でも、それは、まだまだよくなる可能性があるということだ。

だから、「鳥の目」に加えて、社員たちに言い続けている言葉がある。「Go beyond the border」。そこで限界とは思わずに、その向こうへ境界を超えて挑戦しよう、と。もちろん、それぞれの分野でオンリーワンやナンバーワンを目指すためだ。

----------

カネカ社長 角倉 護(かどくら・まもる)
1959年、大阪府生まれ。87年京都大学大学院工学研究科博士後期課程修了、鐘淵化学工業(現カネカ)入社。2009年高機能性樹脂事業部長、10年執行役員、12年取締役常務執行役員。14年より現職。

----------

(経済ジャーナリスト 街風隆雄 撮影=門間新弥)