かぼちゃの種から抽出した「パンプキンシードオイル」がブームの予感?

写真拡大

 パレオダイエット(原始人ダイエット)ブームで、にわかに脚光をあびているナッツやシード類。日本でも昔から、かぼちゃの種を煎っておやつに食べていたりしましたが、その種をオイルにした「パンプキンシードオイル」があるのを知っていますか?

 かぼちゃの種は、栄養豊富で、漢方でも生薬として利用されているほど。その種から摂ったオイルもビタミンA、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンB3といったビタミン類のほか、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルもが豊富なんです。

 とくに注目されているのが、ポリフェノールの一種であるリグナン。抗酸化作用たっぷりで、大豆イソフラボンのようにエストロゲンを補うので、女性ホルモンのバランスを整える作用があるとか。PMSに悩んでいる人や、そろそろ更年期障害も気になってくるアラフォーにもおすすめです。

 パンプキンシードオイルは、味にクセがないので、サラダのドレッシングにしたり、フランスパンにつけたり、アイスにかけたりしてもOK! 1日大さじ1杯が適量です。