“タモリが味監修”のカレーうどん千吉。野菜・海鮮の美容メニューに感激

写真拡大

 ファストフードなのに、美容食!?

 2003年の創業時にタモリが味の監修をしたことでも有名な、カレーうどん専門店「千吉(せんきち)」。しょせん吉野家グループだから男性向けのファストフード店…だとイメージしていませんか?

 実は、それ、残念すぎる大誤解! 美容・ダイエットを考える女性に嬉しいメニューがたくさんそろっているんです。

 そこで今回は、私が個人的に大好きな千吉のカレーうどんで、手軽においしくキレイを目指すお話。美容に嬉しい3ポイントをご紹介します。

◆1)ヘルシーな「全粒粉麺」にタダで変更できる

 千吉カレーうどんの魅力と言えば、つる〜りモッチモチな「麺」。

 この麺とは一線を画し、今夏から美容・健康派の願望にガッチリ応える「全粒粉麺」が登場しました。コレ、日清製粉が特許製法で作る「スーパーファイン」という全粒粉を使った麺で、通常の小麦粉に比べ、食物繊維が約4倍、鉄分が約3倍、ビタミンB1が約3倍! 女性に超うれしい栄養価なんです。

 また、気になるお味もグッド。全粒粉ってボソボソしていてマズイというイメージがあるかもしれませんが、とんでもない。非常になめらかでコシが強く、小麦本来の旨味と甘味にあふれていました。

 どのカレーうどんでも無料で全粒粉麺に変更できます。

◆2)野菜不足の人には、野菜200g入りのカレーうどん

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=635339

 キャベツ、ニンジン、もやし、ネギ、しめじ…。「野菜たっぷりちゃんぽんカレーうどん(800円)」には、200gというたっぷり量の野菜が使われています。

 1日に摂りたい野菜目標量が350gですから、これを1杯食べれば半分以上クリアできることに。野菜以外にアサリ、エビ、油揚げ、カマボコも入っているので、スープは濃厚コク旨。ごま油の香りが効いていて、クセになる味わいです。

 このカレーうどんを全粒粉麺で注文するのが、王道の美容メニューかもしれません。
◆3)トマト、海鮮、カレー…鍋焼きうどんのニューウェイブ

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=635340

 この冬のシーズンメニューとして登場している「海鮮旨みたっぷり鍋」シリーズ。牡蠣などの魚介類をたっぷり加え、土鍋でグツグツ煮込んだカレーうどんなのですが、その中でも「海鮮トマトカレー煮込みうどん(800円)」は、海鮮⇒たんぱく質、野菜⇒食物繊維、トマト⇒リコピンというように、アンチエイジングにもうれしいバランスになっています。

 そもそも「鍋焼きうどん」って満足度高いメニューですが、お家で作るのは大変面倒。「海鮮と野菜がたっぷり入った鍋焼きカレーうどん」なんて、夢の競演ですよね。

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>
【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。