(写真=チャンネルW番組HP)

写真拡大

今年下半期の最大のヒット作となったTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。

“恋ダンス”やロケ地巡りがブームになるなど、さまざまな社会現象を巻き起こしたが、個人的に最も喜ばしかったことは“風見さん”を演じた大谷亮平の名と存在が日本でも広く知れ渡ったことだ。

韓国では超有名人だった大谷亮平

そもそも大谷亮平は、長らく韓国で活動してきた俳優だった。

下積み生活も長く、過去には出演作で演じた役柄をめぐってナイーブな状況に立たされたこともある。

それでも「作品作りにこだわりたい」と言い続けてきたその生きざまからは、ブレることがない役者魂を感じさせたし、そんな大谷に好意を抱く韓国人は今も多い。

そんな彼が『逃げ恥』を機に日本でも全国区になったことを、韓国メディアも喜んでいる。

「大谷亮平、日本でも通用した」というタイトルの記事を掲載した『韓国経済TV』もこう評価していた。

「演技に対する情熱で韓国の観客たちから拍手を受け、韓日関係の架け橋的な役割をしてきた大谷亮平が、韓国で多くの愛情を受けてきたことに続き、彼の自国でも人気を得て“逆輸入”俳優の良き事例として確固たる地位を得たことに、韓国のネチズンたちも熱い反応を示している」

大谷の成功に熱狂するのは、彼のファンだけではない。

昨今韓国ではTAKUYA、秋葉里枝、藤田小百合など多くの日本人タレントが活躍しているが、大谷の成功はそんな日本人タレントたちにも大きな励みにもなったことだろう。

とりわけ韓国で今、最も人気がある日本人女優の藤井美菜には期待したい。

(関連記事:“清純のアイコン”と称され韓国で人気沸騰中のタレント藤井美菜の魅力

日本ではまだまだ無名の彼女だが、韓国では清純でありながらセクシーさも兼ね備えた女優として認知されており、今年9月の「ソウル・ドラマアワード2016」では、アジア・スター賞(女性部門)にも輝いている。

まさに芸歴も実績も十分。

韓国で活躍した日本人女優と言えば、笛木優子が有名だが、藤井も近い将来、大谷のように日本に逆輸入される日が来るのではないだろうか。

そんな期待と合わせて膨らむのが、『逃げ恥』の韓国リメイクでもある。

この欄でも何度か紹介してきたが、『逃げ恥』は韓国のケーブルテレビ局であるチャンネルWで1週間遅れながら放映され、すでに韓国でも確かなファンを獲得している。

韓国で暮らす私の友人たちの中でも『逃げ恥』視聴者がとても多く、それまで日本ドラマに興味がなかったというサッカー記者さえも韓国ネットユーザーたちの評判を聞きつけて、『逃げ恥』韓国語字幕版を毎週楽しみにしていることを、フェイスブックで告白していた。

韓国の視聴者たちが『逃げ恥』に惹かれるのは、登場人物のキャラ設定や状況にあるのだろう。

新垣結衣演じるみくりのような女性も、星野源が演じる独身男も、韓国には多く存在する。『逃げ恥』には、韓国にも通じる世界観があるのだ。

個人的には、だからこそ『逃げ恥』の韓国版リメイクの実現を大いに期待したくなる。

平匡やみくりが見せてくれた、素朴でけなげに生きる姿や“ムズキュン”な恋模様は、現実に追われ疲れ果て、夢や希望も諦めつつある韓国の視聴者(特に若者)に、 “ときめき”と“元気”を与えてくれるような気がするからだ。

これまでも韓国でリメイクされてきた日本ドラマは多いが、『逃げ恥』のように日韓両方で呼応できる題材は最近では珍しくなっている。

まして昨今は日韓の関係が微妙な時期。

そんななかで互いに共有できる世界観やコンテンツがあれば、その心情的な距離も大いに縮まるのではないか。

『逃げ恥』はそんな淡い期待を抱かせてくれる作品だと思うのだ。

日本だけではなく、韓国の日本ドラマファンたちも楽しませてくれた『逃げ恥』。当分の間は『逃げ恥』ロスが続くだろうが、これからは『逃げ恥』の新たな可能性が広がっていくことを大いに期待したい。

(文=慎 武宏)