2016年が終わりを迎えるに当たり、王毅外交部長(外相)は人民日報記者の単独インタビューに応じ、2016年の外交活動を振り返り、2017年の中国外交の展望を示した。写真は王外相。

写真拡大

2016年が終わりを迎えるに当たり、王毅外交部長(外相)は人民日報記者の単独インタビューに応じ、2016年の外交活動を振り返り、2017年の中国外交の展望を示した。人民日報が伝えた。

王部長は次のように指摘した。

2016年の国際情勢の最大の特徴は動揺と変化に富んだことであり、われわれは習近平氏を中心とする党中央の揺るぎない指導の下、グローバル・ガバナンスにおいて方向性をリードし、国際情勢の変動において大局を把握し、激しく複雑な角逐の中で利益を維持し、世界経済のモデル転換において発展を後押しし、中国の特色ある大国外交の全面的な推進という新たな局面を切り開いた。中国はより成熟し、落ち着いて力強く世界の舞台の中心へと歩み、混乱した局面の中でスタビライザー、変動する情勢でプラスのエネルギーとなっている。

現在、グローバル・ガバナンス体制の変革は正念場に入っている。党中央は主導的に計画し、グローバル・ガバナンス強化の中国の案を速やかに提出し、国際政治・経済体制のより公正で合理的な方向への発展を後押しした。

今年9月、習近平国家主席はG20杭州サミットの開催に成功し、G20の危機対処から長期有効なガバナンス制度への転換を力強く推し進め、一連のパイオニア的で先導性ある、制度的な重要な成果を得た。11月、リマでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、習主席は保護主義に反対し、経済のグローバル化をより包摂的でどの国にも利益がある方向への発展を主張し、アジア太平洋自由貿易圏の推進、開放型アジア太平洋経済の構築という中国の案も示した。

「わが国と主要国家の政治関係は一層安定し、実務協力は一層深化した。中国の『コミュニティー』は拡大し続けている」

過去1年、わが国と大国の関係は安定しつつ前進した。習主席とオバマ大統領は杭州サミット期間に西湖で会談し、信頼を強化し疑念を解消する深い戦略的意思疎通を行った。米大統領選後、習主席はトランプ次期大統領と速やかに電話し、双方共に中米関係のより良い発展を推進する意思を表明し、中米関係の平穏な移行への積極的なメッセージを発した。当然、中米関係は今後いくつかの複雑で不確定な要素に直面するだろう。中米両国は互いの核心的利益と重大な懸念を尊重し合い、これに配慮し合ってこそ、長期安定的な協力を得て、互恵・ウィンウィンを実現できる。これは人の意志では変えられない歴史の大勢であり、中米関係発展の正しい方向でもある。

中露首脳は1年に5回会談し、中露包括的・戦略的協力パートナーシップはより高い水準へと踏み出した。わが国と周辺国の善隣友好は一層揺るぎないものになった。ドゥテルテ大統領はフィリピン大統領に当選後、前政権の中国と対立するやり方を変え、自らわれわれとの関係を改善し、中国をASEAN以外の最初の訪問国にした。習主席はドゥテルテ大統領を親切にもてなし、中比関係の華麗な転換は長年の暗雲を追い払っただけでなく、中国とASEAN各国の協力深化の障害も取り除いた。

国の主権、安全、発展上の利益の維持は外交活動の神聖な使命だ。今年、われわれはフィリピンの前政権が提起したいわゆる南シナ海仲裁裁判に断固として反撃し、南シナ海問題を直接の当事国による対話・協議による解決という正しい道へと戻し、国の主権を力強く維持し、民族の尊厳、地域の安定を維持した。

われわれは各国と共に「一帯一路」(the belt and road)を共同建設することを対外開放、協力・ウィンウィンの国際公共財として推進し続け、一連の新たな重要な進展も得た。

来年の外交活動の展望としては、われわれは習近平氏を中心とする党中央の指導の下、混乱した局面で不動の力を保ち、変化する局面でチャンスを捉え、引き続き中国の特色ある大国外交の新局面を切り開く必要がある。

具体的には、次の重要な任務がある。1つには大局意識を強化し、第19回党大会の成功に向けて良好な外部環境を築く。第2に、引き続き積極的・進取の姿勢で、「一帯一路」国際協力トップフォーラムとBRICS首脳会議という2大ホーム・グラウンド外交の成功に力を注ぐ。第3に、戦略面の不動性を維持し、中米関係の平穏な移行の推進ならびに新たな協力の展望を開くようにし、より健全で安定した大国関係の枠組を構築し、世界各国との友好的関係を拡大する。第4に、人々のためという趣旨を実行し、「海外民生プロジェクト」を引き続き築き、国の発展と改革・開放により良く貢献する。

要するに、中国外交は新たな長征の道における新たな勝利を獲得するべく努力し、中華民族の偉大な復興という中国の夢の実現のために新たな貢献を果たす。(提供/人民網日本語版・編集NA)