全日本フィギュア男子シングルの結果を受けて、代表選考がすごく揉めそうだったので揉めないように発想を変えた件。
これからも洋菓子のヒロタをよろしくお願いします!

「君がいるならOK、OK」という爽やかなCMの歌。ふとしたときに「おらんやんけ」と気づいてしまう皆様こんにちは。羽生結弦氏不在、大本命不在のなかで始まったフィギュア全日本選手権・男子シングルの戦いが決着しました。優勝したのは本命候補・宇野昌磨クン。以下、表彰台には今季最大飛躍を見せた成長株・刑事の田中刑事さん、そしてクリスマスに強い洋菓子の無良崇人さんとつづき、悲喜こもごものドラマを生みました。

しかし、決着とは言っても、これは引きつづき頭を悩ます難しい展開であることも確か。一体、誰と誰と誰を世界選手権に送り出せばいいのか。25日クリスマスに発表される代表選手は、実際に発表を見るまで当てるのは難しいほど、ひきつづき混沌としています。洋菓子の無良さんか、刑事の田中さんか、どちらを選んでも逆が気になる、非常に難しい選考です。

↓整理のため、まずは改めて世界選手権の選考基準を見ていきます!
<世界選手権大会 派遣選手選考基準>

1人目は全日本選手権大会優勝者を選考する。
★該当者:宇野昌磨クン

2人目は、以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して選考する。

A)全日本選手権大会2位、3位の選手

★該当者:田中刑事さん、無良崇人さん

B)グランプリファイナル出場者(,料手を除く)上位2名

★羽生結弦氏


3人目は、以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して選考する。

A)△A)又はB)に該当し、△料考から漏れた選手

★(上述の誰か)

B)全日本選手権大会4位〜6位の選手

★該当者:日野龍樹さん、友野一希さん(ジュニア)、中村優さん

C)全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名

★該当者:羽生結弦氏、宇野昌磨クン、無良崇人さん

D)全日本選手権大会終了時点でのISUシーズンベストスコア上位3名

★該当者:羽生結弦氏、宇野昌磨クン、無良崇人さん

http://www.skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/2016/160729_FS_Senkokijun.pdf

うわーーーーーー揉めそうwww

思った以上に揉めそうで選ぶのイヤになってきたwww

紙製抽選箱 パーティーグッズ パーティー用品 宴会グッズ 投票箱 ボックス クジ くじびき くじ引き クイズ用品 抽選用品

価格:295円
(2016/12/25 04:06時点)
感想(0件)



ちなみに、羽生結弦氏は参加必須の全日本選手権を欠場していますが、「ただし、過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合、不参加の理由となったけが等の事情の発生前における同選手の成績を上記選考基準に照らして評価し、世界選手権大会時の状態を見通しつつ、選考することがある。」との但し書きが選考基準にありますので、バッチリ該当すると考えて問題ないでしょう。インフルでゴホゴホしながら来られても困りますからね。

まず、全日本優勝の宇野クンは1番目の基準で決定。そして2番目の基準からは普通に考えれば羽生結弦氏を選ぶことになるでしょう。ここまでは揉めることなくスンナリいけるはず。さぁ問題は3番目の基準。該当者は何人かいますが、ここは無良・田中一騎打ちということになるかと思われます。全日本では田中刑事さんが勝ちましたが、これはあくまでも国内大会での話。ISU(国際スケート連盟)公認大会ということで見ていくと、ランキングもシーズンベストも無良さんのほうが上ということで、なかなか熱い食い違いを見せています。

このワールドスタンディングというのは、今季と過去2季ぶんの試合結果をポイントに換算して決めるもの(※今季だけを見て決めるシーズンワールドランキングとは異なる)。ある程度の期間に渡って活躍をつづけていないと上位に入るのは難しい仕組みのものです。その意味では、田中刑事さんよりも無良崇人さんが上回るのは自然なことで、「今どっちが強いか」というのを問われたなら、一旦度外視してもいい基準でしょう。

しかし、シーズンベストスコアでも無良さんが上というのは、コチラは即座に度外視するわけにはいきません。田中さんのISU公認大会でのシーズンベストはNHK杯の総合248.44点。一方で無良さんは9月の試合ではありますがUSクラシックで252.20点というスコアを出しています。全日本で田中さんが出した249.38点を考慮してもなお、無良さんが上であることは変わらない。

もしもの基準まで田中さんVS無良さんの検討が進んだ場合、選ばれるべきは無良さんだろうと僕は思います。いろいろな指標を見て、総合的に判断するところまで行ってしまったら、そこはちゃんと総合的に見て判断してもらいたい。

ただ、ただ、ただし、「このふたりは揉めるだろうな」というのは大会前からわかっていたこと。その揉めを決着させるための決着戦こそが全日本であったのではないか。ならば「勝つべき日に勝った者」を選ぶというのが、やはり勝負の正しい姿だろうとも、同じように僕は思うのです。今回で言えば、それは田中刑事さんです。

どっちにも理があり、どっちを選んでもカドは立つ。

そこでひとつ提案なのですが、「田中さんを△覗ぶ」というのはどうでしょうか。そもそも、参加必須の全日本に出てきていない選手を、全日本の好成績者と比較して上に取るというのがおかしかったのです。参加必須なのですから。参加できない時点で、体調管理も含めて負けているも同然。どんな歴史的な強者であっても、世界選手権の日に寝込んでいたり、五輪の日に怪我していたらやっぱり勝てないのですから。

△播鎮罎気鵑鯀べば、はいろいろなものを含めたうえで総合的に判断して羽生氏という文句ナシの選考で、くるっと平和解決です。もし「宇野・田中・羽生」が実現したなら、それはインフルエンザという事故が偶然に起こした羽生⇒田中同世代アシストと言えるものかもしれません。,鉢△捻生氏と宇野クンが普通に選ばれていたら、田中さんは五分五分で揉めるの戦いに臨むことになっていたのですから。

まぁこれはあくまでも私見なので、選ぶ側がどう判断するかはわかりませんが、とにかく「どちらを選んでも理がある」「考え方次第」「優勝しなかった人はどこでどうなっても仕方ない」ということを噛み締めて発表を待ちたいもの。誰が選ばれても恨みっこなしでいきましょう。

↓優勝した宇野クンだけは、安心して発表をお待ちください!


やっぱり勝たないとな!

勝った、そして強かった!

おめでとう、いろんな代表の座、まとめてゲット!

優勝した宇野クンの演技。冒頭の4回転フリップ、4回転トゥループはともに危うい着氷。緊張なのか重圧なのか、SPにつづいて重苦しい動きがつづきます。ステップシークエンスでは、画面のTESカウンターがレベル2評価を示す基礎点2.60点を指し示す場面も。意図しておさえていたのかもしれませんが、大丈夫か!?という暗雲漂うような前半でした。

後半に入ってもトリプルアクセルは単発となり、4回転トゥループも繰り返しのジャンプに。ジャンプを5つ跳んでコンボがひとつもないという異常事態に。それでも宇野クンは土壇場で真価を見せた。つづくトリプルルッツにはコンボをつけ、さらに最後のトリプルサルコウにも3回転のトゥループをつけて、コンボ数を挽回。勝負の日に見せた怒涛のリカバーは、宇野クンを誰もが認める全日本王者へと導くものでした。重圧を感じ、それに震えつつ、なお打ち勝った。見事な王者誕生です!

↓キス&クライがいつも以上に繁華街の匂いがするアヤしい空気感に!

街の支配者みたいなマダムと、若き夜の帝王と、店のママだろ!

恋人つなぎで入ってくるし、取り合うようにハグするし!

宇野クンにおっぱいを押しつけてるんじゃないかと僕は疑っています!

↓そんなとき用のイイ感じの煽りグッズがあるみたいなので、参考までに確認しておきますね!

「逃げちゃダメだ」
「逃げてないから!」
「逃げちゃダメだ」
「逃げてないって!」
「逃げちゃダメだ」
「先生、僕に逃げる意志はありません信じてください僕は絶対に裏切りませんし期待に応えてみせます秘密は誰にも漏らしません」

逃げちゃダメだよ!

逃げても追ってくるだけだよ!

逃げることは何の役にも立たないよ!

走れ、走って逃げろ [ ウリ・オルレブ ]

価格:777円
(2016/12/25 04:11時点)
感想(0件)



2位になった刑事の田中さんは、ここにきてまた一段進化するかのような演技。前半のジャンプはこらえる感じもありましたが、後半に行くにつれて安定感を増し、「勢い」ではなく「これが実力」というところを十分に示しました。もう完全に国際警察に異動といっていいでしょう。行き先は発表までわかりませんが。

一方で、3位の無良さんは滑り出しこそ「勝ったな」と思うようなイイものだったのに、何故か後半になってガタガタと崩れてしまいました。「無良だけにムラが」というダジャレを言わせてもらえるのは結構ですが、洋菓子のヒロタ的にもちょっと残念な演技に。崩れたジャンプのひとつでもしっかり決まっていれば、「揉めずに代表」を獲れていたはずなのですが。洋菓子だけに、崩れたケーキはもとには戻りませんでした。残念。

まぁ、ふたりのどちらかが世界選手権へ行き、どちらかが四大陸選手権に行くという形での派遣は十分にあり得るでしょうから、どっちに転んでも「戦いは来年の全日本までつづく」という気持ちでいてもらいたいもの。競り合いがチカラを伸ばし、見る側にとっても面白くさせる。今大会を面白くしてくれたふたりの奮闘は、ナイスなクリスマスプレゼントでした。

↓お疲れ様!面白かった!できれば生中継で見たかった!


この競り合いがリアルタイムで行なわれているときに、並行してディレイ中継を敢行するフジテレビとは…!

だったらTESカウンターいらないからライブでやってくれ…!

生でやってから流れを振り返ってもわかるって…!

ストリーミング配信をはじめよう! [ 西村太一 ]

価格:1,296円
(2016/12/25 04:19時点)
感想(0件)



今夜の女子フリーも「全編録画」で「代表発表だけ生」の見込みです!