1

世界で最もファンが多いスポーツであるサッカーで、長らく世界最高の選手の座を我が物としているのがリオネル・メッシ選手。独創的かつ他のサッカー選手には真似できないようなプレーで多くのファンを魅了しており、試合中にピッチ内に暴徒が乱入してきたり、乱入してきた男にキスされたりと、メッシ選手は多くの熱烈なファンを抱えています。

そんな「メッシファン」の少年がポリ袋にフェルトペンで色を塗ったり文字を書いたりして手作りしたユニフォームを着用している姿をSNS上に公開したところ瞬く間に有名になり、メッシ選手からサイン入りのユニフォームをもらったり、地元のTV番組に出演したり、果てはメッシ選手が所属するFCバルセロナの親善試合に招待されて憧れの本人と対面する、という夢のような出来事を体験しています。

Afghan boy bags real Messi shirt - finally - BBC News

http://www.bbc.com/news/blogs-trending-35658337



Lionel Messi meets 'plastic shirt' boy Murtaza Ahmadi - CNN.com

http://edition.cnn.com/2016/12/13/sport/lionel-messi-meets-murtaza-ahmadi/



Afghan 'plastic bag' boy refuses to leave Lionel Messi's side after meeting his hero

http://www.telegraph.co.uk/football/2016/12/13/lionel-messi-meets-afghan-boy-became-internet-sensation-plastic/



「メッシの大ファン」として世界中に知られることとなった少年の名前はムルタザ・アフマディ君。アフガニスタンのガズニー州ジャゴリ地区に暮らす少年で、インターネット上で有名になった当初(2016年1月頃)は5歳でした。

ムルタザ君が有名になるきっかけとなったのが以下の写真。ポリ袋にフェルトペンで「MESSI 10」と手書きされたメッシ選手の母国・アルゼンチンの代表ユニフォームを着用している写真が一躍SNS上で話題となりました。



当初はさまざまな憶測が飛び交ったそうですが、最終的にはムルタザ君の叔父であるというアジム・アフマディさんが、写真はムルタザ君本人のものであると証言。その後、BBC Trendingの取材などからポリ袋姿のムルタザ君を撮影したのは兄のハマヨン・アフマディさんで、彼が自身のFacebook上に公開した写真がいつの間にか拡散されていったということのようです。



ムルタザ君の父親であるアリフ・アフマディさんは「この子は本当にメッシ選手とサッカーが大好きです。しかし、うちはただの農家なのでメッシ選手のユニフォームを買ってあげる余裕がありませんでした。そしたら、子どもたちがポリ袋を使ってユニフォームを作ることを思いついたんです」と、ポリ袋製のユニフォームが誕生したきっかけについて話しています。



そして2016年2月23日、メッシ選手のマネジメントチームがメッシ選手の直筆サイン入りのユニフォームとサッカーボールをムルタザ君本人に届けたことを明らかにしました。メッシ選手がユニセフ親善大使であることからユニセフがムルタザ君にメッシ選手のサイン入りユニフォームを届けています。ユニフォームを受け取ったムルタザ君は、「僕はメッシのことが大好きなんだ。僕のシャツにもメッシが僕のことが大好きだって書いてあるよ」とコメントしています。

ムルタザ君は「成長したらメッシみたいになりたい!」とも語っています。





そんなムルタザ君が、2016年12月13日にカタールのドーハで行われたFCバルセロナ対アル・アハリ・サウジFCとの親善試合で、ついにメッシ選手本人と対面しています。ついにカタールでメッシ選手本人と対面したムルタザ君の様子は、FCバルセロナが公式YouTubeアカウントで公開しています。

Afghan boy Murtaza Ahmadi joins FC Barcelona in Doha - YouTube

FCバルセロナの選手やグドラとカンドゥーラを着用したアラブ人が並ぶ中、その中央にはメッシ選手がいます。



抱きかかえられたのがムルタザ君。メッシ選手に抱きかかえられている様子を周りの人々がパシャパシャ記念撮影中。



さらに場面が変わってブカブカのユニフォーム姿のムルタザ君。



手をつなぐ相手はメッシ選手でした。初対面から一気に親密度が増しているようで、既にメッシ選手の子どもかと思うくらいの抱きつきっぷり。



FCバルセロナ対アル・アハリ・サウジFCの親善試合ということで、ピッチに選手とエスコートキッズたちが入ってきます。メッシ選手の横にはもちろんムルタザ君の姿。



メッシ選手のみムルタザ君とエスコートキッズの2人がついているのですが、他の選手にはエスコートキッズはひとりしかついていません。



試合前の両チームの選手挨拶。



そこにもムルタザ君。他のエスコートキッズは既にピッチから去っています。



試合前の写真撮影でもなぜかムルタザ君が一緒。もちろん立ち位置はメッシ選手の側です。



メッシ選手はゲームキャプテンを務めていたので試合前には相手チームのキャプテンとコイントスを行うのですが……



ここにもムルタザ君。審判や両チームのキャプテンと一緒に記念撮影をパシャリ。



さらに試合で使用するボールをピッチ中央に配置する役割も担い、そのままピッチから退場するように審判から促されるのですが……



突如走り出すムルタザ君。



ムルタザ君が目指した先はやはりメッシ選手のもと。



そのまま一緒に手をつなぎ……



まるでそのまま一緒に試合に挑むチームメイトかのよう。



キックオフの時間になったのでメッシ選手からピッチの外に出るよう言われるのですが……



ムルタザ君はメッシの側から離れたくない様子。メッシ選手もムルタザ君のあまりの懐きっぷりに満面の笑みを浮かべます。



そのまま審判に抱きかかえられ……



ピッチから退場するムルタザ君。メッシ選手との初対面は大満足の結果となったようです。



ムルタザ君とメッシ選手の様子はさまざまなメディアで報じられており、2022 FIFAワールドカップの公式Twitterアカウントもツイート。



メッシ選手とムルタザ君の初遭遇シーンも写真でバッチリ収められています。



ポリ袋のユニフォームしか持っていなかったムルタザ君ですが、1枚の写真がきっかけでサイン入りのユニフォームをゲットしてついには憧れのメッシ選手に会うことまでできました。満面の笑みでメッシ選手との対面を果たしたムルタザ君ですが、本当の夢である「成長したらメッシみたいになりたい!」をかなえることができるのか、今後に注目です。