オカメ先生役はサバンナ高橋に決定! (C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

写真拡大

 お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄が、中川大志と飯豊まりえの共演で人気少女漫画を実写映画化する「きょうのキラ君」で、ヒロイン・岡村ニノンのペットであるオカメインコのオカメ先生の声を務めていることがわかった。あわせて、高橋のアフレコ風景を収めた動画も公開された。

 「L・DK」「海月姫」の川村泰祐監督がメガホンをとった本作は、他人と関わることが苦手な女子高生・ニノン(通称ニノ)とクラスの人気者・キラこと吉良ゆいじの不器用な恋模様を描く。

 原作漫画の大ファンだという高橋は、以前から原作者・みきもと凜氏と親交があったという。高橋の「きょうのキラ君、泣ける」というツイートにみきもと氏が返信し、Twitter上での交流がスタート。「もし、キラ君が映画化されたら」という話題が上がった際には、みきもと氏自ら「オカメ先生の声を是非お願いします!」とオファーしており、今回の起用は2人にとって念願のコラボレーションとなった。

 高橋は、NHK Eテレの教育番組「みいつけた!」で人気キャラクター・コッシーの声を務め、ディズニー映画「ズートピア」ではチーターのクロウハウザーの吹き替えを担当するなど、声優としての経験は豊富。実写映画での動物の吹き替えは初めてだが、「優しくご指導いただきまして。なんとかイメージ通りできたのではないかなと思います」とアフレコの手応えを明かしている。

 みきもと氏は、「高橋さんにオカメ先生の声を是非やっていただきたいと、ダメもとでお伺いしてみたらまさかの実現です! こちらから踏み込んだお願いをすることはなかなかないし、無理に決まってると思っていたので本当に嬉しくて、はやく自慢したかったので、こうしてみなさんにお伝えできて感無量です」と喜びを語る。高橋の声の演技については、「まさに先生そのものすぎるんです。とっても可愛い声です。これ以上のキャストはありません。本当にありがとうございます!」と太鼓判を押している。

 「きょうのキラ君」は、17年2月25日から公開。