クレーンゲーム景品口にすっぽり、抜けられず

写真拡大

中国で先日、子どもがクレーンゲームの景品口に頭から突っ込み、抜けなくなるトラブルが起きた。子どもは疲れ果て、そのまま中で眠りについたという。

中国メディア・恵州新聞網などによると、この事故が発生したのは12月中旬、広東省恵州市内のゲームセンターでのこと。クレーンゲームで遊んでいた2歳の男の子が、景品のぬいぐるみが取れないことにしびれを切らし、保護者が見ていないところで景品口に頭から突っ込み、抜けなくなってしまった。救助のために駆けつけた消防隊が到着したときに、男の子は悪戦苦闘の疲れがピークに達したのか、景品口の中で眠りについていたという。

その後、消防隊によってクレーンゲームの一部が破壊され、男の子は無事“脱出”できたが、救出されるや否や大泣き。それでも男の子にケガなどはなく、保護者はほっと胸をなでおろしたという。

同地で同様の事故が報告されるのは実は2回目。去年12月にも発生しており、そのときは保護者が泣き声を聞ききつけ、やはり子どもがクレーンゲームの景品口から抜け出せなくなっていることに気づいたという。