菜々緒

写真拡大

俳優の生田斗真が12月24日、お台場シネマメディアージュで行われた映画『土竜の唄 香港狂騒曲』公開記念舞台挨拶に、本田翼、古田新太、菜々緒、上地雄輔、仲里依紗、堤真一、三池崇史監督と共に登壇。この日はクリスマスイブということで、サプライズでファンがサイリウムによる幻想的なイルミネーションを作り上げると、生田は「なんかももクロになった気分」と感激していた。

この記事(『土竜の唄 香港狂騒曲』公開記念舞台挨拶)のその他の写真

本作は、高橋のぼるの大人気コミック「土竜の唄」を三池監督、生田主演で実写映画化した『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』の続編。原作でも人気エピソードである「チャイニーズマフィア編」を実写化し、生田、堤、仲らが続投するほか、瑛太、本田、古田、菜々緒らが新キャストとして加わり、さらにパワーアップした内容になっている。

満員の客席を見渡した生田は「クリスマスイブの日に、朝から『土竜の唄』見て、恋人いないんですか?」と客席イジリをするも「このあとデートですよね。こんな日に映画を見にきてくれてありがとう」と深々と頭を下げてお礼をする。前作の大ヒットを受けての続編、生田の気合もすごいものだったようで「(撮影中は)寝ても疲れがとれないので、病院に行ったんです。そうしたら先生から『アドレナリンが出過ぎです』って言われたんですよ」と得意顔。

また劇中で生田演じる菊川玲二の口癖「バッチ来い」にかけ、「バッチ恋」と題した「『土竜の唄 香港狂騒曲』を好きな人と見に行ったあと、こう口説け」というテーマで、キャストによるトークが展開。古田の「2日に1回ぐらい会わないか?」というフレーズに菜々緒や本田が「いいですね。大人の余裕を感じます」と賞賛すると、生田は「『俺んところにバッチ来い!』みたいなのはどうでしょうか?」と発言。会場は沸いたものの、登壇者の女性から支持を得られず苦笑いを浮かべていた。

本シリーズ初参戦となった本田は、口が悪いやくざの組長の娘を演じたが「新境地開拓と言っていただけていますが『ヤンキー口調が“素”では』と言われるのは悲しいです。あくまでも役作りですから」と強調。本田同様『土竜の唄』シリーズ初登場となった菜々緒も、劇中では過激なシーンのオンパレードだが「白目をむくシーンはすごいでしょ。三池監督が喜んでくれるかなと思ってやったのですが、思い通り喜んでくれたみたいでよかったです」と満面の笑みを浮かべていた。(text&photo:磯部正和)