タブレットの力を120%引き出す「タブリフト」が便利すぎ!

写真拡大

正月はタブレットで動画三昧の寝正月を送る予定、という人も多いのでは。そんな人にぴったりなのが、4つの柔軟な足を好きなように曲げて高さも角度も自由に調節できる「タブリフト(tablift)」。これまでのケース一体型スタンドやひざ上に置くスタンド、自立型アームスタンドなどの欠点も解消した、新しいタブレットスタンドです。

■ベッドに横になって横向きでも使える!

「タブリフト」は、端の厚みが10mm未満であれば、どんなタブレットにも対応が可能。それぞれを自在に曲げることができるその長い4本の足で、デスクやテーブルなど平らな場所はもちろん、ベッドやソファの上などの柔らかい不安定な場所でも、好きな高さ、好きな角度にしっかり立てることができます。

161222_tablift_01

このアイテムがあればタブレットを手で持つ必要がないので、キッチンに置いてレシピを見ながら料理を作ったり、イスに座ってコーヒーを飲みながら動画を観たりすることが可能。タブレットを固定して横向きにも対応できるので、ベッドに横になったまま使うこともできます。安定性が高くぐらつきにくいので、タッチパネルをタッチする際なども安心なのもポイント。

161222_tablift_04

足が長く目線の正面になる高さにも設置できるため、ノートパソコンの上に据えてサブディスプレイのように使うといったことも可能。足を折りたためば低い位置に置くこともできるので、実に様々な場所、用途に使うことができそう。

161222_tablift_08 ▲折りたたんだときにはコンパクトになるので、収納の際や持ち歩く際にも便利です

「タブリフト」は2月27日までクラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを開催中。4999円コースから用意されているので、興味がある人は支援してみては。

161222_tablift_05

2017年03月中に到着予定なので、残念ながら今年の正月には間に合いませんが、一台あれば一年中重宝すること間違いなしでしょう。

>> Makuake「タブリフト」

(文/&GP編集部)