NHKドキュメンタリーで“涙腺崩壊”しがち!?#アラサーあるある体験談

写真拡大

今回ご紹介する「独身アラサーあるある」は「最近妙に涙もろくなった……」といった体験談。

テレビを見ていても、「ドラマで毎週泣いてしまう」「動物ものは割と早い段階で涙が……」などの経験ありませんか?
映画館で映画を見ようものなら、泣いて化粧もボロボロ、明るくなった時に恥ずかしくて顔があげられない……

若い頃はテレビで泣くなんてめったにありせんでしたよね。

●第3話:ペンギンの子育てに泣くアラサーちゃん

アラサーA:「昨日の、動物スペシャル見た?NHKの。」
アラサーB:「みたみた!やばかったよね!もう号泣!!」
アラサーA:「ですよね〜〜〜! あんなにも過酷な試練を乗り越えるペンギン、親子愛、家族愛。究極のドキュメンタリーよ。」
アラサーB:「それなのに私たちといったら…… パートナーにも巡り合えず、1人寂しく冬をこすのね」
アラサーA:「やめて、また泣けてくる」

ペンギンの子育てで泣いてしまったアラサーちゃん。
他にもドキュメンタリーや苦労話をテレビで見ると泣いてしまうという独身アラサー女性も多いのではないでしょうか。

涙腺の緩みは老いの証拠。
そんなアラサー女子、デートで映画はタブーかも……(!?)

●「最近妙に涙もろくなった……」あるある体験談

『夕方、お母さんとよちよち歩きの女の子が手をつないで前を歩いてて、涙が……』(29歳/歯科助手)

『有名人の波乱万丈人生の番組で号泣。飼い犬が心配してよってきた。私にはまだ愛犬がいるから大丈夫、まだやれるわ!!』(31歳/事務)

『部屋に一人でいるとそれだけで泣けてくる……つい最近まで全然平気だったのに。切なすぎる〜』(31歳/ネイリスト)

ちょっとしたことや、もはや原因不明で涙してしまうアラサー女子続出。
泣くことが悪いとは言いませんが、人が多いところでは気を付けて!

「あのおばさんなんで泣いてるの?」と言われかねませんよ……!

----------

最近妙に涙もろい……そんな時には思いっきり運動でもしてみては?
気持ちもパッと晴れやかになり、見た目も若返るかも。

イラスト/猫竹
文/恋愛jp編集部