トップレス画像流出の被害にあったルーシー・ヘイル (c)Imagecollect.

写真拡大

人気ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」の女優のルーシー・ヘイルのトップレス画像が流出。犯人への怒りのコメントを発表した。

ルーシーのスマートフォンがハッキングの被害に遭い、ベッドの上で彼女がトップレスになっている写真が現地時間21日にポルノサイト「Celeb Jihad」に掲載された。このサイトは、以前にエマ・ワトソンやテイラー・スウィフトのプライベートの写真を掲載して問題になっていたことがあった。その後ルーシーは弁護士を通して、この写真の削除を要請しており、現在はサイトから削除されている。

そんなルーシーは現地時間22日にツイッターで犯人やこのサイトを非難する声明を発表。「こんなバカげたことにコメントする気はなかったんだけど、2017年は自分の真実を語る年にする予定だったから…言おうと思う。メディアに登場する一人の女性が攻撃を受けて、盗み取られて、私生活と体がいろんな人に晒されたの」「こんな風に晒されることが許されるなんて本当に残念」「優しくて、支えとなるような皆からのメッセージには感謝しているわ」「こんなことをしたやつら…ふざけるな」。

2014年にもジェニファー・ローレンスやケイト・アプトンらがハッキングの被害に遭い、ヌード写真が流出。今年に入って犯人が罪を認めて、18か月間の服役が言い渡されていた。