アニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」の第12話『One Of The Last オカルティック・ナイン』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)Project OC9/Chiyo st.inc.

写真拡大

最終回を迎えるTOKYO MXで放送中のアニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」。その最終回第12話『One Of The Last オカルティック・ナイン』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第12話では、稜歌が自らの命を懸け「新・世界システム」、そして全ての黒幕・成沢徳生を止めると宣言。“眼クルメク世界ノ終ワリ”を前に、悠太が下す最後の結論とは…/(C)Project OC9/Chiyo st.inc.

本作は、人気クリエーター・志倉千代丸が手掛ける9人の変わり者たちがオカルトの真理を暴く超常科学ライトノベルをアニメ化。高校2年生の我聞悠太(CV.梶裕貴)は、オカルト関係の記事をまとめたブログ「キリキリバサラ」を運営。そんな彼のブログをきっかけに風変わりなマニア9人が集まり、彼らの周囲で不思議な現象が起こり始める。

【第12話『One Of The Last オカルティック・ナイン』】

「新・世界システム」、そして全ての黒幕・成沢徳生を止めるため自らの命を懸けるとブルゥムーンを飛び出した稜歌。真実を知ったサライは肉体と霊体の時間の違いから「ある一つの可能性」を見つけ出す。“眼クルメク世界ノ終ワリ”が近づく中、悠太が下す、最後の結論とは…。

なお第12話は、TOKYO MXでは12月24日(土)深夜0時より放送となっている。