オム・ジョンファ側、浮上した盗作疑惑を否定「一般的な撮影技法」

写真拡大

歌手オム・ジョンファ側が盗作疑惑を否定した。

24日午後、オム・ジョンファのアルバムプロジェクトを務めているMYSTICエンターテインメントはOSENに、「今話題になっている写真は『プロジェクタースターライト』という星の光の効果を利用した撮影技法で、これはすでに写真、映画、ミュージックビデオなど多様なメディアでよく使われる一般的な撮影技法だ。この写真はオム・ジョンファのニューアルバム『The Cloud Dream of the Nine』の9つのコンセプト写真の1つであり、ダブルタイトル曲『Dreamer』を代表する写真だ。夢幻的で神秘的な曲の雰囲気を表現しようと、光る衣装と“プロジェクタースターライト”という技法を取り入れて撮影した」と話した。

これに先立って公開されたオム・ジョンファのアルバム「The Cloud Dream of the Nine」のイメージには、アメリカのある女性フォークデュオのアルバムジャケットを盗作したという議論が浮かび上がっている。

オム・ジョンファは8年ぶりに歌手としてカムバックする。これまでは演技活動に集中してきたが、MYSTICエンターテインメントのチョ・ヨンチョルプロデューサーとタッグを組んで、1年間ニューアルバムを準備してきた。今回オム・ジョンファのアルバムにはイ・ヒョリ、チョン・リョウォン、SHINee ジョンヒョンなどが参加し、完成度を高めた。同曲は27日0時に公開される予定だ。