「彼氏ができてもなぜかすぐに別れてしまう……」そんなお悩みを抱えている人はいませんか? 大好きな彼との別れはツラいですし、できることならいつまでもラブラブなカップルでいたいですよね。
そこで今回は「長続きするカップルの特徴」についてご紹介します。これらに気をつけていれば、短命恋愛を防ぐことができるかも!?

最初からとばしすぎない

短命カップルの場合、付き合いたてのときから意味もなく「結婚」を口にしたり、過剰すぎるほどに毎日連絡をとったりしがち。もちろんそのときはすごく幸せなのですが、実際のところは「恋に恋している」状態のため、ちょっとでも相手のイヤなところを見たら気持ちは一気に冷めてしまいます。また毎日のようにふたりで会っているためにお互いに行く場所がなくなり、飽きるのも早くなってしまいがち。そうするとおのずと別れは早まってしまうようです。
彼のことが好きな気持ちもわかりますが、最初からガンガンとばしすぎるのはよくありません。あくまで自分のペースは保ちつつ、「休みが合えばふたりでデートする」くらいの感覚でいたほうが恋は長持ちするはずです。

お互いに干渉しすぎない

「今日どこ行ってたの!」「なんで既読スルーしてたの!?」など日常生活で起こりうることでケンカばかりをしていては、常に破局の危機となってしまいます。でも「既読スルーは忙しかったからだろうな」「私のことは大切にしてくれているし」など自分のなかで消化することができれば、彼と言い争いになることもなくなりますよね。このように長続きするカップルになるためには、お互いに干渉しすぎないことが大事。ある意味「信頼関係が築かれてきた」ともいえるでしょう。

デートを最大限に楽しむ

彼との付き合いもそこそこ長くなってくると、デートもなんだかマンネリ化しがち。ついつまらなそうな態度をとってしまったり、「あんまり楽しくない……」なんてグチをこぼしたことのある人もいるのでは? 女性側からするとたとえ深い意味はなかったにせよ、そんな態度を取られて嬉しい人は誰もいませんよね。ほかに優しい女性が現れたら、彼がコロッとその人になびいてしまう可能性も十分考えられます。このように彼女のデート中の言動など、小さなストレスが積もり積もって、ある日彼から別れ話を切り出されてしまうケースは案外多いようです。
彼が隣にいることを当たり前だと思わずに、常にデートを楽しむ姿勢を忘れないようにしましょう。そうすることできっと「やっぱり一緒にいて落ち着くのは○○ちゃんだけ」と彼から思ってもらえるでしょう。

長続きするカップルになることができれば、おのずと彼との結婚も見えてくるはず。
彼と付き合えたからといって気を抜かずに、いつまでもラブラブでいられるように工夫してみましょう!