12月25日放送の「林先生が驚く初耳学!SP」で林修が小池百合子都知事と対談!/(C)MBS

写真拡大

12月25日(日)放送の「林先生が驚く初耳学!SP」(TBS系)で、林修が独自の目線で選んだ'16年の10大ニュースを発表。「初の女性都知事誕生」のニュースでは、林と小池百合子都知事の対談が実現した。

【写真を見る】リオオリンピック柔道女子メダリスト・松本薫選手からも衝撃の“初耳学”にスタジオが騒然!?/(C)MBS

全国1億3000万人から募集したえりすぐりの知識を林に出題。物知りの林ですら知らなかったものを“初耳学”に認定していくバラエティー。

今回は、好奇心や知識欲の旺盛な林先生が独自の目線で選んだ'16年の10大ニュースに関連する問題を集めて出題する2時間スペシャル。ことしを象徴するさまざまな出来事にまつわる“初耳学”候補が登場する。

林が気になっていたニュースには、8月に開催されたリオオリンピックや11月にネットで話題になった、“算数の答案用紙”、そして「初の女性都知事誕生」などが挙げられた。

リオオリンピックのニュースでは、柔道女子銅メダリスト・松本薫選手が登場。人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(テレビ朝日系)のモデルになった日本女子柔道選手の存在を明らかにし、その意外な人物にスタジオ中が驚く。

また、11月にネットに上がった1枚の小学生の算数の答案用紙から火がついた算数論争に、林は「大きな問題だと思います。この番組で決着をつけたいくらい」と強い思いを語る。

答案に書かれた「3.9+5.1=9.0」の採点を巡りネット上で、大論争が展開されたが、この論争に決着を着けるべく、林が「この問題に答えるのに日本で最もふさわしい!」とラブコールしたのは、数学のノーベル賞といわれる「フィールズ賞」を受賞した数学者・森重文先生。小学生の解答は正解か、それとも減点なのか、日本一の数学者が断言する結論を聞くべく、林が直接森先生に問う。

そして、「初の女性都知事誕生」では、築地市場移転問題や2020年東京オリンピック会場見直し問題などの大きな課題を抱えながら、どう東京都のかじを切るのかが注目される小池都知事と林が3年ぶりに顔を合わせることに。「お答えできません」と言われること覚悟で体当たりで挑んだ対談では、林も“初耳”の注目発言も続々飛び出す。

さらに、スタジオでは新木優子、梅沢富美男、上白石萌音、佐野ひなこ、澤部佑、田村淳、中島健人、ホラン千秋、若村麻由美が林にとっておきの知識を披露し、年内最後の“初耳学認定”を目指す。

‘16年、知識の総決算。林&小池都知事の対談や日本一の数学者の見解、リオオリンピックメダリストのとっておきの知識など、気になる情報満載の“初耳学”は見逃せない。