『戦争と平和』

写真拡大

ロシアの文豪トルストイの名作を英BBCが2年半かけてドラマ化した超大作歴史ドラマ『戦争と平和』。今年9月よりNHKで放送され話題を集めた同作が、12月24日(土)深夜より集中再放送となる。

19世紀初頭、ナポレオン率いるフランス軍との戦争が目前に迫っていたロシアで、貴族の子息たちも時代の波に飲み込まれていく。ピエールは大富豪の父親から巨額の遺産を継ぐが、貴族の生活を嫌い、世の中を変えたいと思い続けている。彼の親友アンドレイは、ナポレオンに憧れ、英雄になることを夢見ていた。ピエールの幼なじみで美しい令嬢ナターシャは、真実の愛を信じて運命の人を探し求める。そんな3人の人生は戦争によって翻弄されていく...。

製作総指揮・脚本を手掛けるのは、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』『セルフリッジ 英国百貨店』のアンドリュー・デイヴィス。キャストは、『リトル・ミス・サンシャイン』のポール・ダノ、『ダウントン・アビー』のリリー・ジェームズ、『ブラック・ミラー』のジェームズ・ノートン、『マスケティアーズ パリの四銃士』のトム・バーク、『X-ファイ』のジリアン・アンダーソン、『ブリジット・ジョーンズの日記』のジム・ブロードベント、『ディケンジアン』のスティーヴン・レイ、『THE GAME』のブライアン・コックスなど実力派が顔を揃えた。

『戦争と平和』はNHK総合にて12月24日(土)深夜0:15よりスタート。また、2017年1月1日(日)9:20からBSプレミアムにてオードリー・ヘプバーンがナターシャを演じた1956年の映画版も放送される。(海外ドラマNAVI)