NELL、台湾進出へ…「言葉の違いを乗り越え、コミュニケーションできるのが音楽」

写真拡大 (全2枚)

“ミュージシャンたちのミュージシャン”ロックバンドNELLがイギリスライセンスのファッション&カルチャーマガジン「DAZED & CONFUSED」2017年1月号を通じて感覚的なファッショングラビアとを披露した。

持ち前の感受性豊かな歌詞と夢幻的なサウンドで多数のファンを獲得しているNELLは、音楽活動以外にはテレビやグラビアでほとんど姿を見せないことで有名なだけに、今回のグラビアとインタビューはさらに特別だった。

グラビア撮影と共に行われたインタビューでは「今年でデビュー18年目に入っただけに音楽の変化についても結構悩んでいると思う」という記者の言葉に「いつもその時その時に僕たちがやりたいと思う音楽を十分やっている。音楽の変化や特徴についての悩みより音楽を発表する方法について悩みはある。だいたい2〜3年に1度フルアルバムを発売するため、アルバムの統一性を考えてもったいないと思っても外す曲が多い。だからバンドの多様な音楽スタイルを一気に見せることは難しいが、これからはもう少し様々な楽曲をお聞かせするためにも楽曲を発表する方法に変化を与えたい」と答えた。

2017年、台湾進出を控えた感想を聞く質問には「近いうちに台湾でアルバムを発売し、コンサートを開催する予定だ。これまで発売した楽曲を再アレンジして録音する考えだ。僕たちの音楽が好きな方がいるところなら韓国でも、台湾でも、アメリカでも通じると思う。だから音楽が大好きだ。それぞれ言葉の違いを乗り越え、コミュニケーションできるのが音楽だ」と話し、音楽に対する真剣な姿勢を見せた。

NELLは24日、ソウル蚕室(チャムシル)学生体育館にてクリスマスコンサート「2016 NELL CHRISTMAS IN NELL'S ROOM 2016」、30と31日に「NELL'S ROOM 2016-済州(チェジュ)」を開催する。公演後は本格的に台湾で活動を開始する計画だ。バンドNELLの感覚的なファッショングラビアとインタビューの詳しい内容は「DAZED & CONFUSED」2017年1月号を通じて見ることができる。