23日、韓流人気グループEXOの華人メンバーだったタオが、体調不良のため空港内で倒れたことが明らかに。過密すぎるスケジュールをファンが心配している。

写真拡大

2016年12月23日、韓流人気グループEXOの華人メンバーだったタオ(黄子韜/ホアン・ズータオ)が、体調不良のため空港内で倒れたことが明らかに。過密すぎるスケジュールをファンが心配している。網易が伝えた。

【その他の写真】

元EXOメンバーで、離脱後は中国へ戻ってソロ歌手および俳優として活動中。今月22日、出演作のジャッキー・チェン(成龍)最新映画「鉄道飛虎」(Railroad Tigers)の北京プレミアに出席したのち、すぐさま飛行機で上海へと向かったタオだが、この移動中に空港で倒れ、病院へ搬送される騒ぎがあったことが明らかになった。

この様子を見ていたファンによると、空港に姿を見せたタオは終始うつむき、スタッフに支えられて、非常に体調が悪そうな様子だった。その次の瞬間、気を失ってその場で倒れ込んだという。北京プレミアでのタオの写真にネットユーザーたちも、「すでにこの時点で顔色がよくない」と指摘している。

EXOで唯一残っている華人メンバーのレイ(張芸興/チャン・イーシン)も、今年5月に中国の番組収録スタジオで、10月には韓国・仁川空港で気を失って倒れ、過労が原因と分かってファンを驚かせた。今回のタオの場合も、「多忙すぎる」「マネジメント側はもっと考えるべき」「人気の代償が大きすぎる」と、ファンを心配させている。(翻訳・編集/Mathilda)