EXID ハニは天使?「デュエット歌謡祭」パートナーが“笑うたびに光を放っていた”

写真拡大

「デュエット歌謡祭」ガールズグループEXIDのメンバーハニのパートナーが、ハニは天使かと思ったと告白した。

韓国で23日に放送されたMBC「デュエット歌謡祭」では、第2ラウンドの激しい競演が繰り広げられた。ハニとチェ・チャンウクチームは紫雨林の「逸脱」を選び、にぎやかなステージで視線を引きつけた。

歌が終わった後、ハニのパートナーが後日談を公開した。彼は「ハニさんは天使かと思った。練習で僕に笑ってくれたけど、笑うたびに光を放っていた」と告白した。

するとハニはよい思い出を作ってくれてありがとうと答え、チェ・チャンウクはビタミンキャンディーをプレゼントして雰囲気を和ませた。

この日の競演では「春の日は過ぎゆく」を歌ったボングとクォン・セウンチームが最終的に優勝を手に入れ、2連勝となった。