生田斗真、ファンからのサプライズに感激!

写真拡大

生田斗真主演のアクションコメディの続編『土竜の唄 香港狂騒曲』(公開中)の公開記念舞台挨拶が12月24日にシネマメディアージュで開催され、生田をはじめ、本田翼、古田新太、菜々緒、上地雄輔、仲里依紗、堤真一、三池崇史監督が登壇。観客がサイリウムを一斉に点灯し、登壇者陣にカラフルな光景をサプライズでプレゼントしたこの日、生田が「すごい!今年見た景色で一番きれい」と感激の面持ちを見せた。

【写真を見る】菜々緒、チャイナドレスで大胆美脚を披露!古田新太が優しくエスコートした

高橋のぼるの原作コミックでも絶大な人気を誇る「チャイニーズマフィア編」を実写化した本作。生田演じる潜入捜査官・菊川怜二が前作以上にインポッシブルな任務に挑む姿を描く。

サプライズが行われたのは、トーク後に一度キャスト陣が降段し、フォトセッションのために再び会場に現れた時のこと。場内の明かりが消され、一斉にピンクやブルー、黄色のカラフルなサイリウムが振られた。

思わぬ会場からのクリスマスプレゼントに、生田は「おお、すごい!」と驚き、「今年見た景色の中で一番きれい」とコメント。会場も大喜びするなか、「ももクロになった気分」とももいろクローバーZを引き合いに出してうれしさを語り、会場を笑わせていた。

クリスマスイブの舞台挨拶となったが、生田は「クリスマスイブの日に朝から『土竜の唄』を観て。恋人いないんですか?大丈夫ですか?」と語りかけ、会場も大爆笑。スペシャルな日に「映画を好きな人と観に行った後、どう口説いたらいいか?」という質問には、「『俺のところにバッチ来い』と言えばいい」と“バッチ来い”魂を持った役柄にかけて答え、会場を盛り上げた。

劇中、体当たりの演技で怜二役を熱演した生田。過酷さを極めた撮影中は「寝ても疲れがとれなくなった」そうで、病院に相談しに行ったとか。「お医者さんに『アドレナリンが出すぎています』と言われて。うれしくなちゃって、みんなに自慢した。『俺、アドレナリンが出まくっているらしい』って」と笑顔で明かしていた。【取材・文/成田おり枝】