「ソロモンの偽証」キム・ヒョンス、校内裁判を提案

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「ソロモンの偽証」のキム・ヒョンスが臨時の校長に校内裁判を提案した。

韓国で23日に放送されたJTBC金土ドラマ「ソロモンの偽証」第3話では、コ・ソヨン(キム・ヒョンス) が学生主任にビンタをくらった後、母親と校長に会いに行った。

ソヨンは自ら作った校内裁判の提案書を持っていった。ソヨンは「イ・ソウ事件に関して校内裁判を開きたいです。私たちが自ら調査して結論を出します。学校のやり方は間違っています。どうすれば文句を言われずにはぐらかせるか、回避して葬ってはぐらかすことしか考えていません」と話した。

キム・ミンソク(ウ・ギフン) もソヨンの意見に賛同した。ミンソクは「学校の利益が保証できない時さえも私たちが最優先であることを考えてほしいです」と述べた。