「栃木県産“スカイベリー”のスペシャルストロベリーパフェ」(2180円)

写真拡大

2017年に創業115周年を迎える資生堂パーラー。“みなさまとのいいご(115)縁に感謝”ということで、特別メニューや記念商品が企画される。

【写真を見る】「岐阜県産“美濃娘”のプレミアムストロベリーパフェ」(3240円)

銀座本店 サロン・ド・カフェでは、全国から選りすぐりのいちご15品種を一堂に集め、15種のストロベリーパフェを用意する「スペシャルストロベリーデー」を、2017年1月15日(日)と1月16日(月)に開催する。

大切に育てられた個性豊かないちごと、伝統のアイスクリームが織りなす、甘くて愛らしいパフェをラインナップ。デコレーションだけでなく、パフェのなかのいちごソースもそれぞれの品種で仕立て、個性豊かなおいしいストロベリーパフェばかりとなる。

「青森県産“さちのか”のストロベリーパフェ」(1890円)は、果肉はきめが細かく、しっかりとした食感で甘さと酸味のバランスが良いいちごを使用。「栃木県産“とちおとめ”のストロベリーパフェ」(1890円)は、栃木県生まれの日本を代表する品種で、糖度が高く程よい酸味でジューシーないちごを使う。

「静岡県産“きらぴ香”のストロベリーパフェ」(1890円)は、宝石のような「輝き」で、味が濃く、品の良い「甘み」とフルーティーな「香り」が特長となっている。「静岡県産“紅ほっぺ”のストロベリーパフェ」(1890円)は、果肉が柔らかく、コクと甘味を感じることができる赤く艶のあるいちご。

「岐阜県産“濃姫(のうひめ)”のストロベリーパフェ」(1890円)は、高貴な香りがする果肉は柔らかく、甘みと酸味のバランスが良く、濃厚な味わい広がる赤く瑞々しいいちごとなっている。「山口県産“四星(よつぼし)”のストロベリーパフェ」(1890円)は、甘味、酸味、風味、旨味がそろって四ツ星級であることから名付けられたいちごを使う。

「香川県産“さぬきひめ”のストロベリーパフェ」(1890円)は、香り豊かで、爽やかな甘みと程良い酸味が広がる香川県オリジナル品種を使用。「徳島県産“アスカルビー”のストロベリーパフェ」(1890円)は、赤く輝いた宝石のルビーのように色艶が美しく、味がしっかりしていて甘味と酸味のバランスが楽しめる。

「福岡県産“あまおう”のストロベリーパフェ」(1890円)で使用するのは、「あかい」、「まるい」、「おおきい」、「うまい」から名付けられた福岡県を代表するいちご。「福岡県産“やよい姫”のストロベリーパフェ」(1890円)は、しっかりとした果肉はまろやかな甘みがあり酸味も控えめで、華やかな香りが特長。「長崎県産“かおり野”のストロベリーパフェ」(1890円)は、上品な香り、爽やかな甘み、穏やかな酸味が楽しめるいちごを使用する。

スペシャルストロベリーパフェは3種類を用意。「栃木県産“スカイベリー”のスペシャルストロベリーパフェ」(2180円)は、大きさ、美しさ、おいしさが大空に届くような素晴らしいという意味が込められたいちごをふんだんに使っている。

「福島県産“ふくはる香”のスペシャルストロベリーパフェ」(2180円)では、福島県内でも生産農家が少なく貴重で、栽培方法にもこだわった大粒のいちごを使用。華やかな香りと甘さが特長で余韻が楽しめる。「和歌山県産“まりひめ”のスペシャルストロベリーパフェ」(2380円)は、和歌山県外ではなかなか味わえない希少な大粒の甘いいちごを取り寄せた。心地よい香りが口いっぱいに広がる。

アイスクリームにも産地指定のいちごを使用したプレミアムストロベリーパフェは、「岐阜県産“美濃娘”のプレミアムストロベリーパフェ」(3240円)が登場。関東ではめったにお目にかかれない大粒のいちごで、果肉が白く旨味と風味の良さが際立つ。

「スペシャルストロベリーデー」の開催期間は、15種のストロベリーパフェのみのメニュー。ストロベリーパフェが勢ぞろいする圧巻のラインナップで、いちごを心ゆくまで堪能しよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】