「鬼」コン・ユ、キム・ゴウンの初恋の人登場に嫉妬

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
コン・ユがキム・ゴウンの初恋相手チョン・ヘインの登場にやきもちを焼いた。

23日、韓国でtvN「鬼」第7話が放送された。修学能力試験(日本のセンター試験に当たる) を終えて論述試験を受けるために訪れた大学でウンタク(キム・ゴウン) は、野球部の練習を見ることになった。その際、突然彼女の方に飛んできたボールからある野球部員が守ってくれた。

ウンタクは彼を見て「テヒ兄さん?」と言った。彼も「チ・ウンタク。久しぶり。気がつかないところだったよ」と喜んだ。ウンタクは彼が通っている大学に受験しにきたと言いながら「私、たくさん変わったよね?」と聞いた。すると彼は「もっと可愛くなった」と答えた。ウンタクの頭を撫でるテヒの姿を遠くから見ていた鬼キム・シン(コン・ユ) は「あいつか、代表というやつ」と嫉妬した。彼はウンタクの将来の中の代表という男がテヒだと思ってやきもちを焼いた。