イタリアは23日未明の閣議で、民間銀行支援のための200億ユーロの基金設立を了承した。これを受けて資本増強を迫られているモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテパスキ)は直ちに資本注入を要請した。イタリアでは過去最大規模の銀行国有化となる。

4万人の小口投資家が保有する劣後債については、購入時にリスクを認識してなかったとして保全する方針。

政府は声明で、救済策の詳細は今後詰めるとした上で概略を説明。機関投資家などが保有するティア1債は額面の75%で株式に転換、小口投資家が大半を保有するティア2債は額面で転換する。

個人の損失回避へ、強制転換された株式を普通社債とスワップし、この株式を政府に売却する仕組みも導入する。

23日に承認された対策では、政府による資本注入のほか、流動性への対応として借り入れへの保証も行う可能性を示した。

イタリアの国内総生産(GDP)に対する債務比率は133%で、ユーロ圏ではギリシャに次ぐ規模。用意した基金200億ユーロ全てが債務となればこの割合は134%となる。

[ローマ 23日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます