フレディ・ハイモア

写真拡大

アルフレッド・ヒッチコック監督によるサスペンス映画の金字塔『サイコ』の前日譚を描く米A&Eの注目ドラマ『ベイツ・モーテル』で主人公ノーマン・ベイツを演じるフレディ・ハイモアと製作総指揮のケリー・エーリンが、同局の新作ドラマで再びタッグを組むことが分かった。米Varietyが報じている。

A&Eの新ドラマ『Baby Face(原題)』は、フレディのアイディアから生まれた企画で、残忍なギャングとして知られるベビーフェイス・ネルソンの人生を、大恐慌の時代を生きたカップルの物語として描き、地元シカゴでのコソ泥時代から国家的犯罪者になり、わずか25歳で死ぬまでの姿が語られるという。フレディは出演しながら、エーリンと共に脚本を執筆し、製作策総指揮を務めるという。

『ベイツ・モーテル』は、来年放送予定のシーズン5で終了となることがすでに発表されている。フレディは『ベイツ・モーテル』の数エピソードで脚本を担当しており、作家の部屋で過ごすこともあるという。また、シーズン4では監督も務めた。俳優としては、ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』、『アーサーとミニモイの不思議な国』などに出演している。

10話構成の『ベイツ・モーテル』シーズン5は米A&Eにて2017年に放送予定。(海外ドラマNAVI)