<ニューヨーク〜ロンドンを超音速のマッハ2.2で飛び、約3時間15分で結ぶ構想の「夢の旅客機」XB‐1は、リチャード・ブランソンの肝煎り>(写真:これで米英間の日帰り出張も可能になるかも)

 航空から自動車レース、宇宙旅行まで、多彩な産業に参入し既成概念を打ち破ってきた英ヴァージングループの創業者リチャード・ブランソン。そんな彼がいま力を入れている新プロジェクトが超音速旅客機だ。

 先日には新しい機体の試作機「XB-1」が公開された。開発を手掛けるのは、ボーイングやスペースX、NASAで経験を積んだベテラン勢が立ち上げたブーム・テクノロジー(コロラド州)。コンコルド全盛時代を復活させるべく、ヴァージン・ギャラクティックの航空宇宙製造部門スペースシップカンパニーが開発を支援している。

 公開された試作機は、実際に造られる商業モデルの3分の1のサイズ。テスト飛行を行い、ニューヨーク〜ロンドン間を約3時間15分で飛ぶ民間航空機を目指す。通常の民間機は時速980キロ未満と亜音速(音速以下)で飛ぶが、XB-1はその2.6倍の超音速、マッハ2.2(時速2335キロ)で飛ぶ。

 試作機には乗員2人とエンジニアしか乗れないが、商業モデルは乗客55人と乗員6人を収容できる大きさになる予定。来年後半にはテスト飛行をスタートし、23年までに商業運航を始めるのが目標だ。

【参考記事】ドローンで空を舞う世界初のサンタクロースが話題

 しかし、高コストが招く高い料金設定がネックになる恐れはある。ブーム社とブランソンは、大西洋を横断する便で往復5000ドルが妥当だと考えているようだが、一般の消費者は旅費をできる限り安く抑えたいと考えるもの。普通の航空機よりずっと速く目的地に着けるなら、高くても構わないというのは、プライベートジェットを所有するような大企業ぐらいだろう。

 そのため現実には、最大12人程度を運ぶ小型のプライベートジェットの形で利用される可能性も高い。

 だがブームのブレイク・ショールCEOは、料金を一般旅客機のビジネスクラス程度に抑えられると確信している。軽い新材料の導入や効率的なエンジン技術で、燃費が大幅に改善されたことも大きい。

「誰だって無料のシャンパンより、半分の時間で目的地に着くことを望むはずだ」と、彼は英ガーディアン紙に語った。「いずれ超音速機は、死ぬ前に一度乗ってみたいというような憧れの乗り物ではなくなるだろう」

[2016.12.20号掲載]

メアリーアン・ラッソン